足柄版 掲載号:2016年10月29日号 エリアトップへ

小田原市南足柄市 任意協議はじまる 1年後「合併判断の材料」提示へ

政治

掲載号:2016年10月29日号

  • LINE
  • hatena
第1回協議の様子
第1回協議の様子

 小田原市と南足柄市が合併し、中核市への移行などをシミュレーションする任意協議会が21日に設置され、第1回会議が開催された。会議では、今後1年かけて合併の是非の判断材料を提示する方針が確認された。

 協議の名称は「小田原市・南足柄市『中心市のあり方』に関する任意協議会」に決まった。委員は両市長、副市長、市議、経済関係者など33人で構成される。会長には加藤憲一小田原市長が、副会長に加藤修平南足柄市長が就いた。

 会の冒頭、あいさつに立った小田原の加藤市長は「この会議での協議は、両市および県西地域全体の将来を左右する。その認識を持って、最善の対策を見出す」と決意を示した。また南足柄の加藤市長も「新しい地域づくりのため、本格的で具体的な初めての協議。予断を持たず様々な観点から自由闊達に議論して欲しい」と委員に呼びかけた。

 第1回会議では会の規約や今後の検討方針、事業計画、予算などについて協議され、合併、中核市移行、広域連携を協議・検討していくことが確認された。昨年度小田原市が取りまとめた中核市移行基本計画案の紹介や市民アンケートの結果なども報告された。

 協議の中の質疑では、合併した際の事務事業や職員数の適正規模についてや、新市まちづくり計画を作る前に行政サービスや税負担などのメリット、デメリットを市民に示すべき、などの意見が出た。「何故、小田原市は中核市を目指すのか」についての質問に、加藤小田原市長は「今後の都市制度として、一定の権益と人口規模を持つ地方都市に権能が移譲されるのは必至。そのため、中核市に移行できる都市は、国などの政策の受け皿を作ることが重要」との見解を示した。

 第2回の協議会は11月25日(金)午後1時30分から、南足柄市民文化会館小ホールで行われる。傍聴可。21日の傍聴者は35人だった。

足柄版のトップニュース最新6

電動軽量で負担減を

南開工業(株)

電動軽量で負担減を 社会

草の家へ車いす寄贈

11月28日号

ダム建設時以来の中止

世附百万遍念仏

ダム建設時以来の中止 文化

600年続く伝統行事

11月28日号

小・中学校へハンドジェル

足柄RC

小・中学校へハンドジェル 社会

創立30周年で1市5町へ

11月21日号

認知症へ理解深めて

認知症へ理解深めて 教育

吉田島高でサポ養成講座

11月21日号

素材生かし「寄」に賑わいを

素材生かし「寄」に賑わいを 社会

魅力発信へ有志が新組織

11月14日号

山北を走って巡ろう

山北を走って巡ろう 社会

観光振興の可能性探る

11月14日号

ラスカ茅ヶ崎・平塚・小田原

11月26日(木)から29日(日)はJREポイント5倍キャンペーンを実施!

http://www.lusca.co.jp/

<PR>

あっとほーむデスク

  • 11月28日0:00更新

  • 11月21日0:00更新

  • 11月14日0:00更新

足柄版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年11月28日号

お問い合わせ

外部リンク