足柄版 掲載号:2017年1月14日号 エリアトップへ

山北町 駅前に鉄道資料館 交流センター2階、新年度に

文化

掲載号:2017年1月14日号

  • LINE
  • hatena
ふるさと交流センター2階
ふるさと交流センター2階

 昨年10月にD52形蒸気機関車(愛称・デゴニ)を動かした山北町が「鉄道のまち」復活に向けた”二の矢”として2017年度中に資料館を開館する方針を固めた。開館へ向けて鉄道資料の提供を呼びかけている。

 資料館の開館は、昨年10月に町が開いた「D52奇跡の復活」の式典で湯川裕司町長が「鉄道遺産を活用して元気がでるまちづくり」の取り組みのひとつとして述べていた。式典後に町は資料館の設置へ向けた調整に着手し、山北駅前にある「ふるさと交流センター」の2階に展示スペースを設置することを決めた。

 1889(明治22)年の旧東海道本線、国府津-浜松間の開通と同時に開業した山北駅を中心に、旧東海道本線から現在の御殿場線に関する資料を展示する。町商工観光課では「センター1階に観光協会があり、D52を展示している鉄道公園も近い。町の魅力づくりに繋がれば」と話している。

 資料館の運営は、2012年の駅無人化にあわせて山北駅で切符販売や観光案内などを担うようになった「NPO法人情緒豊かな町づくり」(荻野治久理事長)が請け負う。荻野理事長は「メンバーは元国鉄職員など鉄道に詳しい。スタッフが解説を行うなどしたい」と話した。

 鉄道資料は写真や記念切符など無償譲渡できるものを募集。

 資料提出の問い合わせは荻野理事長【携帯電話】090・2731・4219へ。

 ”D52復活”の立役者、恒松孝仁さん(享年61)が昨年10月に亡くなり運行を休止していたデゴニが、4月1日の桜まつりで再び動くことが決まった。恒松さんと交流があった鳥取県若桜町の谷口剛史さん(42)が遺志を継ぎ、整備を始めている。

足柄版のトップニュース最新6

新道路の愛称を募集

新道路の愛称を募集 社会

南足柄―箱根 来春開通予定

9月14日号

開成町北中部振興に本腰

開成町北中部振興に本腰 経済

商工振興会が調査・研究

9月14日号

心が熱く、躍る一夜に

心が熱く、躍る一夜に 文化

9月14日(土) 開成町阿波おどり

9月7日号

松田町域で施工計画見直し

松田町域で施工計画見直し 経済

新東名開通3年延期

9月7日号

地域とクラブの活性化へ

地域とクラブの活性化へ スポーツ

一燈会とロドリゴ選手が契約

8月31日号

公共施設大幅に再編

南足柄市

公共施設大幅に再編 経済

南中エリアは小中一貫校

8月31日号

道の駅の名称が決まる

道の駅の名称が決まる 経済

「足柄・金太郎のふるさと」

8月24日号

あっとほーむデスク

  • 5月18日0:00更新

  • 4月6日0:00更新

  • 3月9日0:00更新

足柄版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

足柄版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年9月14日号

お問い合わせ

外部リンク