足柄版 掲載号:2019年1月26日号 エリアトップへ

共和地区 山の恵みでもてなし 山地酪農の見学とそば打ち体験

社会

掲載号:2019年1月26日号

  • LINE
  • hatena
こねて伸ばしたそばを切る三浦さん
こねて伸ばしたそばを切る三浦さん

 山北町皆瀬川の共和のもりセンター(旧共和小学校)で20日、共和地区の人たちが栽培したそば粉を使った「そば打ち体験教室」が開催され、町内、川崎市、南足柄市、小田原市、秦野市などから17人が参加した。

 山の保全に取り組む共和地区のNPO法人「共和のもり」(井上正文理事長)が、栽培、収穫したそばを使ったそば打ち体験教室を初めて企画。共和地区の主婦らが手づくり料理を用意し、そば打ちの作業を指南した。

 参加者は5人1組のグループに分かれ5人前のそば打ち工程を体験。郷土料理などを堪能した。

水源地交流

 この日は、前川崎市副市長で外郭団体の理事長を務める三浦淳さん(66)も行政関係者らとプライベートで参加。三浦さんが中心になり副市長時代から続けてきた共和地区との親交を深めていた。

 三浦さんら川崎市からの参加者は、夏の大野山ハイキングや秋のもみじ祭りにも訪れ、共和地区の住民は川崎市内で開催されるまちづくりのフォーラムや学校での水源地教育にも積極的に参加している。この日は谷峨駅から大野山を登り、昨年6月に開牧した「薫る野牧場」を見学し、共和のもりセンターでそば打ちを体験した。都内在勤の女性は山北町について「近くて自然がたくさんありリフレッシュできる」と話していた。

 91世帯186人が暮らす共和地区では、森林資源の保全や再生をめざし、自治会と財産区、NPO法人が連携。キムチづくりや炭焼き、しいたけの菌打ち、子ども向けの体験教室、植樹体験などに参加する町外の人が急増している。

 三浦さんは「神奈川県の西端と東端の人々による楽しい交流の輪が着実に広がっている。今後も交流を続けていきた」と話していた。

そば打ちを体験し郷土料理も堪能した参加者たち
そば打ちを体験し郷土料理も堪能した参加者たち

足柄版のローカルニュース最新6

春を呼ぶ作品展

春を呼ぶ作品展 文化

松田町 時光窯

3月28日号

足柄事件簿

3/13〜3/19

足柄事件簿 社会

松田警察署管内

3月28日号

山北町が休日開庁

山北町が休日開庁 社会

本庁舎で3月28日、4月5日

3月28日号

開成南小の児童らが初期消火

開成南小の児童らが初期消火 社会

勇敢な行動に感謝状

3月28日号

4月1日付人事異動

1市4町

4月1日付人事異動 経済

3月28日号

特別窓口で支援強化

さがみ信用金庫

特別窓口で支援強化 経済

新型コロナ対策の一環

3月28日号

あっとほーむデスク

  • 5月18日0:00更新

  • 4月6日0:00更新

  • 3月9日0:00更新

足柄版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年3月28日号

お問い合わせ

外部リンク