足柄版 掲載号:2019年5月18日号 エリアトップへ

郷土の”いだてん” 第3回 渋谷寿光先生と箱根駅伝

スポーツ

掲載号:2019年5月18日号

  • LINE
  • hatena
箱根駅伝審判長の渋谷先生(昭和32年、大磯)
箱根駅伝審判長の渋谷先生(昭和32年、大磯)

 大正7(1918)年、渋谷寿光先生は東京高等師範学校(現筑波大学)を卒業すると、県立小田原中学校(現小田原高校)に赴任した。化学を閑院宮春仁王殿下にお教えし、徒歩部(現陸上競技部)を熱心に指導した。後に参議院議長となる河野謙三たちは毎日放課後、渋谷先生が下宿していた小田原の唐人町(現浜町)から渋谷先生を先頭に国道1号線を国府津まで往復約20Km走った。金栗四三は何度か小田原中学校を訪れ、部員たちと走り直接指導した。大正7年には全校生徒にマラソンの経験談や技術について講演した。

 金栗は大正8年、世界に通用するランナーを育てるため、3年前に開催された東海道駅伝徒歩競走を参考に、学生だけの手による世の模範となる駅伝レースの開催を提唱した。渋谷先生が実務を担当し、東京から箱根まで一人で歩いて巻尺で距離を測った。箱根は小田原中学校徒歩部の部員たちと地元の人たちが手伝い、提灯をつけて夜までみんなで測った。全区間を5区間に分け、1人平均20Kmで2日間とするコースを設計した。

 大正9年の第1回大会は、夜箱根の砂利道を走るので、渋谷先生は選手がコースを間違えないように、徒歩部の上級生たちを松明を持って配置。宮ノ下から芦ノ湯まで部員たちを伴走させた。「学生は社会に出て自分のことばかり考えてはいけない。駅伝で力を合わせて一つの仕事をすることを訓練する」と言い、昭和55(1980)年まで30年間箱根駅伝審判長を務めた。

小田原中学校徒歩部、校舎玄関前で。中央が渋谷先生、その左斜め後ろが河野謙三
小田原中学校徒歩部、校舎玄関前で。中央が渋谷先生、その左斜め後ろが河野謙三

足柄版のローカルニュース最新6

市制50周年で協働事業募集

南足柄市

市制50周年で協働事業募集 社会

採択で20万円限度に補助

10月23日号

イノシシのわなにクマ

イノシシのわなにクマ 社会

個体少なく丹沢山中で放獣

10月23日号

ドッグパーク登録制に

オンラインで移住相談

オンラインで移住相談 社会

山北町 事前予約制1回40分

10月23日号

大雄山線がカレンダーに

大雄山線がカレンダーに 社会

公募の写真作品から選定

10月23日号

強盗発生時の対応学ぶ

強盗発生時の対応学ぶ 社会

山北の佐藤火薬店で訓練

10月23日号

あっとほーむデスク

  • 10月23日0:00更新

  • 10月16日0:00更新

  • 10月9日0:00更新

足柄版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年10月23日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook