足柄版 掲載号:2019年9月14日号 エリアトップへ

開成町北中部振興に本腰 商工振興会が調査・研究

経済

掲載号:2019年9月14日号

  • LINE
  • hatena
あしがり郷「瀬戸屋敷」
あしがり郷「瀬戸屋敷」

 開成町商工振興会(山田貴弘会長)が、町の北中部の振興を目的に、国の地域経済活性化に向けた補助金を活用して調査・研究を始めた。その上で、北部地域のシンボルともいえる、あしがり郷「瀬戸屋敷」の指定管理者に名乗りを上げた。

瀬戸屋敷の運営に名乗り

 同会では、地域の課題として3つ掲げており、一つが事業所数の減少、もう一つが、高齢化・人口減によるコミュニティの維持ができなくなりつつある問題、最後に農業振興地域で農用地指定が6割を超える中、農業の担い手不足で農地の荒廃化が危惧されることを挙げている。

 この課題を解消するために、移住定住施策と会員事業所の特徴を活かし、商工会指導員とともに実施する開業支援、また農業従事者の六次化推進・販路開拓を実施する。現在は点である施設・事業所を町北部及び中部を線で結びつかせ面に広げ、将来にわたって持続可能なコミュニティづくりと「住みたい」「訪れたい」と感じる魅力的な地域づくりによる地域活性化を行う事業だとしている。

指定管理者改変期に

 瀬戸屋敷は2017年4月から指定管理者制度による民間の運営に移行し、現在は(株)オリエンタルコンサルタンツ(東京都渋谷区)が担っている。期間は来年3月までの3年間で、その後の5年間については9月6日に募集が打ち切られており、同会が名乗りを上げたことを明らかにしている。

 瀬戸屋敷の活用法については、ただの茅葺古民家ではなく町重要文化財に指定されるほど歴史を積み重ねた魅力があるとし、文化財としての活用を強く訴えている。特産品開発の拠点としても活用する方針だ。

 山田会長は「災害時に行政が守ってくれるわけではない。中小企業・団体は行政待ちではなく、いち早く自立し、仕組みをつくって体力をつけるべきだ。瀬戸屋敷の管理ありきというわけではない」と話している。

 瀬戸屋敷の管理業者は年内には選定される見通しとなっている。
 

医療から介護まで

看護師・介護士(常勤・非常勤) 募集中  託児所あります

http://youfuukai.or.jp/

<PR>

足柄版のトップニュース最新6

山北町 河内川沿いで被害

山北町 河内川沿いで被害 社会

台風禍 計画断水も

10月19日号

松田山に稀少生物ヤマネ

松田山に稀少生物ヤマネ 社会

自然館スタッフが発見

10月19日号

小学校に図書寄贈

小学校に図書寄贈 文化

足柄ロータリークラブ

10月12日号

支え合い組織 より強固に

支え合い組織 より強固に 社会

南足柄市で発足式

10月12日号

コキアの里が開園

松田山

コキアの里が開園 社会

10月13日は紅葉まつり

10月5日号

三保小を川村小に統合

山北町

三保小を川村小に統合 教育

令和3年3月末に閉校へ

10月5日号

森林資産を有効活用

森林資産を有効活用 経済

南足柄市 林業6次産業化

9月28日号

あっとほーむデスク

  • 5月18日0:00更新

  • 4月6日0:00更新

  • 3月9日0:00更新

足柄版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

足柄版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年10月19日号

お問い合わせ

外部リンク