足柄版 掲載号:2020年2月29日号 エリアトップへ

県西福祉会 聴講者1万人を突破 福祉講演が多方面から反響

社会

掲載号:2020年2月29日号

  • LINE
  • hatena
高浜高校では生徒240人が聴講した
高浜高校では生徒240人が聴講した

 南足柄市の障害者支援施設「社会福祉法人県西福祉会」が12年間に渡り、施設利用者と共に行っている「福祉講演会」の聴講者が累計1万人を突破した。達成日の2月10日は、平塚市の高浜高校の出張講演で生徒240人を対象に講演を行った。

 同会は、2008年から施設利用者と共にこれまでの経験や、日々の体験談などを話すことで「障害者や障害福祉の認知度を広め、理解を高めてもらうと共に、利用者自身が目標を持ち、チャレンジ精神の向上につなげよう」と活動してきた。これまで12年の講演で19人の施設利用者が中学、高校、大学生などを対象に講演を重ね、福祉事務所や一般企業の職員研修などの講師を任されたこともある。

 2月17日には、施設を訪れた藤沢市鵠沼地区社会福祉協議会のメンバーに前田剛さんが講演。追突事故で障害を負った前田さんは「リハビリで奇跡が起きた。絵が描けて、平行棒にも立てるようになった」と成果を口に。また、今後の夢は「息子と浴びるほど酒が飲みたい。あとは孫の顔が見たい」と時折、涙を浮かべ言葉に力を込めていた。

 同会の柴田和生法人事務局長は「地道に続けてきた講演活動は障害者福祉を理解してもらうだけではなく障害者であっても社会の一員であり、社会で役割を得ることにつながる活動。障害があっても分け隔てなく地域で暮らせる社会を目指して施設利用者と共に取り組んでいきたい。興味のある人はお声掛け頂けるとありがたい」と話した。

施設内でも講演を行う
施設内でも講演を行う

足柄版のトップニュース最新6

地酒PRもオンライン

地酒PRもオンライン 社会

コロナ禍における初企画

1月16日号

企業マッチングで新商品

さがみ信金

企業マッチングで新商品 社会

開発から販路開拓を支援

1月16日号

花魁の登場に沸く

あしがら博覧会

花魁の登場に沸く 文化

イベント一環で練り歩き

1月9日号

「実富士(みのるふじ)」として角界へ

森田世宝さん(立花学園高3年)

「実富士(みのるふじ)」として角界へ 社会

1月場所でデビュー

1月9日号

道祖神太鼓の音色 再び

道祖神太鼓の音色 再び 文化

復活へ有志が楽譜づくり

1月1日号

1市4町・首長からの新春メッセージ

あっとほーむデスク

  • 1月16日0:00更新

  • 1月9日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

足柄版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年1月16日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク