港北区版 掲載号:2017年6月15日号
  • googleplus
  • LINE

慶應高軟式野球部 春季関東大会で初優勝 4試合を1失点で頂点に

スポーツ

優勝を決め、笑顔でガッツポーズする野球部員
優勝を決め、笑顔でガッツポーズする野球部員
 第65回春季関東地区高等学校軟式野球大会の決勝戦が6月5日に行われ、慶應義塾高等学校(日吉)の軟式野球部が頂点に立った。過去には全国優勝の実績もある同部だが、春季の関東大会を制したのは初。全国につながる夏の大会に向け、早くも始動している。

 関東地区大会を前に行われた神奈川県大会。同野球部は決勝戦で法政二高に3対2で惜敗したが、上位2チームに入ったため関東大会へコマを進めていた。

 県大会では、決勝で敗れはしたものの計4試合で17得点・8失点。得点力が目立ったが、福田修也監督によると「(17得点は)たまたま」。特に8点を失った守備面に目を向け、「エラーが失点に絡む場面が多かった」と振り返った。

 福田監督は同部のOBであり、また同大学硬式野球部の出身でもある。社会人監督として招かれ、約3年半前から同部の指揮をとっている。

 直接指導できるのは週末や祝日が中心だが、コーチや主将、副主将への指示を徹底することでチームの状態を把握している。

 失点の減少に取り組み臨んだ関東大会では、計4試合を15得点1失点。決勝戦では作新学院(栃木)を3対0で完封し、初優勝に花を添えた。

 「(1失点は)評価したいが、まだまだ」と厳しい姿勢の福田監督。一方で「(優勝は)素晴らしい結果」と選手をたたえた。

目指すは夏の全国

 主将としてチームをまとめるのは、ミーティング等でチームメイトと話し合う時間を大切にしているという兵地祐人さん(3年)。「県大会は失点が多かったのが反省点。(関東大会に向け)いかに修正するか、チームとして日々の練習で取り組んだ」と話し、「まだ通過点。今回は勝てたが、次はどうなるか分からない。夏に全国大会に出場できるよう、個々の意識を高めていきたい」と今後に向け気を引き締めていた。

 そんな主将を前に、同校教諭で部長の新井田和人さんは「今の気持ちを忘れずに、夏の大会でも勝ち上がってもらいたい」と話していた。

 夏の大会は県大会、南関東大会とあり、全国大会は8月末に兵庫県の明石市等で行われる。

港北区版のトップニュース最新6件

民泊新法受け条例案

横浜市

民泊新法受け条例案

12月14日号

事業予定者が決定

菊名七丁目市保有地

事業予定者が決定

12月14日号

事務負担 軽減化進む

市教職員

事務負担 軽減化進む

12月7日号

太尾・小机小が全国へ

マーチングバンド大会

太尾・小机小が全国へ

12月7日号

「地域共生」で対応

超高齢社会

「地域共生」で対応

11月30日号

東西通路バリアフリー化

菊名駅

東西通路バリアフリー化

11月30日号

港北区版の関連リンク

あっとほーむデスク

港北区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2017年12月14日号

お問い合わせ

外部リンク