高津区版 掲載号:2017年1月20日号

溝口駅

南口広場ついにオープン 社会

1月29日に全面供用開始

工事が進む南口広場
工事が進む南口広場

 溝口駅南口の広場が1月29日(日)に全面供用開始となる。総事業費は約130億円。都市計画事業として1983年に事業着手され、完成までに34年を要した。広場の完成で駅利用者の利便性の向上が期待される。

 溝口駅南口広場の整備着手は83年。当時、バスは溝口駅まで走らず、手前の片町交差点止まりだったという。その後、89年(平成元年)に暫定的な広場ができ、バスの乗り入れが可能になった経緯がある。

 09年にはペデストリアンデッキが完成、15年には地下駐輪場が供用開始され、広場の完成が待たれていた。10年当時は14年度完成を目標にしていたが、地盤が想定よりも緩かったなどの理由から16年度の完成に延期していた。

 事業着手から34年が経過したことについて市当局は「用地取得が難航したことなどが理由にあげられる」と話す。

 広場の供用開始は1月29日(日)から。バスは始発から広場の利用となるが、タクシーや一般車両の広場への乗り入れ時間は現在調整中という(1月13日現在)。

 広場にはタクシー乗り場が新たに設けられ、バス停が5カ所設置される。これまでタクシー乗り場、2カ所のバス停が広場に面した野川柿生線にあり、通行の妨げになっていた。

 バス停が駅に近くなり屋根も設けられる。一般車両の乗降場も2カ所設置されるなど、駅利用者の利便性の向上が期待される。

 太陽光パネルやLED照明でエコにも配慮した。

 また、28日(土)には完成を記念して式典が開かれる。
 

高津区版のトップニュース最新6件

プレーオフ一番乗り

川崎ブレイブ

プレーオフ一番乗り

3月24日号

22年ぶり「竿頭綬(かんとうじゅ)」受章

市内初「暮らしの保健室」

開院は5月8日に

帝京大学医学部附属溝口病院

開院は5月8日に

3月17日号

災害時こそ日常の「食」を

「かすみ提」保存が決定

久地2丁目

「かすみ提」保存が決定

3月10日号

関連記事(ベータ版)

高津区版の関連リンク

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

高津区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 高津物語

    高津物語

    連載第九九〇回「第百回久末農産物品評会」

    3月31日号

  • 高津物語

    高津物語

    連載第九八九回  「二子玉川の景観」

    3月24日号

高津区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2017年3月31日号

お問い合わせ

外部リンク

メール版タウンニュース

ライブカフェミッシェル

タウンニュースホール

ケータイ版タウンニュース

ケータイで左のQRコードを読み取るか以下のURLを入力してください。

http://www.townnews.co.jp/m/