高津区版 掲載号:2017年3月17日号
  • googleplus
  • LINE

すばる望遠鏡研究員藤原さん、科学館で講演天体観測、世界最前線に触れ

教育

講演後に参加者と触れ合う藤原さん(左)
講演後に参加者と触れ合う藤原さん(左)
 世界最大級の天体望遠鏡「すばる」がある国立天文台ハワイ観測所の研究員で天文学者の藤原英明さん=人物風土記で紹介=が3月11日、多摩区の生田緑地にある「かわさき宙と緑の科学館」で天文講座を行った。

 すばる望遠鏡は、ハワイ島にある標高4200mのマウナケアの山頂に位置する。快晴の日が多く空気が乾燥しているため、星空の観測条件が良好な場所とされており、このほかにも各国12の天文台が設置されている。

 講演では、観測所の建設現場を定点観測した動画やすばる望遠鏡内で使われている鏡を取り外して清掃する様子などを紹介。参加者からは、天体観測の世界最前線となる現場の様子に感嘆の声が挙がった。

 参加した織裳真矢(おりもしんや)君(10)は「星を見るのが好きだから来てみた。(今日の話を聞いて)こういう仕事をしてみたいと思った。普段会えない人だから会えてうれしい。僕もこんな発見をしてみたい」と話していた。

高津区版のローカルニュース最新6件

子どもたちの店賑う

溝口でイルミ点灯式

手作りマルシェで賑う

大山街道

手作りマルシェで賑う

11月17日号

「ふろん太」らが親善大使に

川崎商工会議所

「ふろん太」らが親善大使に

11月17日号

自宅で最期迎えるために

都市農業を考える

都市農業を考える

11月17日号

高津区版の関連リンク

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

高津区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 高津物語

    連載第一〇二一回

    高津物語

    「宿屋」

    11月17日号

  • 高津物語

    連載第一〇二〇回

    高津物語

    「二子玉川」

    11月10日号

高津区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2017年11月17日号

お問い合わせ

外部リンク