高津区版 掲載号:2017年5月12日号

高津物語

連載第九九五回「大山街道と医療」

 大山街道の幕開けが、先端医療を司る医師達によって、切って落とされた事実は、衝撃的でさえある。

 「医者」の「医」という字の成り立ちを考えても。「医」は「矢」を入れる道具を表す字で、後に「醫」の略字として使用された。

 「医」は【1】法を説いて人の悩みを癒す仏、菩薩を医師にたとえた語で、他には【2】薬師如来の異称が「医」であることを知る人が少ないのは残念だ。

 また「醫」は、◎が「イ」という読み方を示し、「痩」を意味した。いわれは昔、「酉(さけ)」を付けて消毒したので、「病気を治す」あるいは「病気を治す人」の意味に使われてきて「醫」となった。

 「療」の字は、日中のように明るく火を焚く家(図書寮、学生寮)。僚は役所に勤めている人(役人、官僚)。

 日本郵便の父と言われる「前島密(ひそか)」は、十二才となった弘化四年(一八四七)江戸到着、糸魚川藩邸を尋ねるも、オランダ医学の大家を知る人なし。

 「医学を学ぶにしても、諸学の元である漢学を学んでから医学を勉強しても遅くはない」と一ノ関藩に仕える儒者・都沢享の塾生になっている。

 更に、幕府の官医、添田玄斉の薬室の手伝いをし、嘉永二年(一八四九)幕府の官医、長尾全庵について、ドイツ兵法と西洋事情を学ぶ。明治八年、身体障碍者の教育について考える「薬善会」を組織。

 さらに視覚障碍者養護学校「訓盲院」設立、毎週会合して資金募集を行い、「訓盲院」を文部省に引き渡している。

 明治十二年工部省建築課に移管、訓盲院新築建設工事を施工する。

 同年末「訓盲院」が、後の「東京教育大学付属盲学校」となる。

 日本郵便の父、前島密が駅逓長になり、全国に郵便網を展開するのは、それからずっと先の話である。私は「前島密」の生涯を学び、昔の人は、公務優先にして、私利私欲を控えた人格者が多かったことを知った。郵便局を始めた理由だ。

 ◎は医に旁が殳

 

関連記事powered by weblio


薬の調剤、漢方相談のカバヤ薬局

10月29日(日) 漢方・中医学を利用した妊活セミナー開催!

http://www.kabaya-pharmacy.co.jp/kanpo/info/index.html#news113

<PR>

高津区版のコラム最新6件

高津物語

高津物語

9月22日号

高津物語

高津物語

9月15日号

高津物語

高津物語

9月8日号

高津物語

高津物語

9月1日号

高津物語

高津物語

8月25日号

高津物語

高津物語

8月18日号

高津区版の関連リンク

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

高津区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 高津物語

    連載第一〇一三回

    高津物語

    「岡家歴代記」

    9月22日号

  • 高津物語

    連載第一〇一二回

    高津物語

    「逢えてよかったね ―小原孝と逢える街―」

    9月15日号

高津区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2017年9月22日号

お問い合わせ

外部リンク