高津区版 掲載号:2017年5月12日号
  • googleplus
  • LINE

川崎市待機児童「ゼロ」に4月1日時点 新基準含まず

社会

 川崎市(福田紀彦市長)は2日、4月1日時点で待機児童数がゼロになったと発表した。2015年度以来2年ぶり。過去最大の申請数となったが、受入れ枠の拡大や区役所での様々な保育サービスの案内が奏功したという。なお、3月に国が示した「育休中の復職意向を含める」という新基準は数えられていない。

 保育所利用申請数は、子育てと社会参加の両立を目指す若い世代などの増加に合わせて前年度比2314人増え、過去最大の2万9890人となった。その内、希望する保育所に入れなかった保留児童も同337人増の2891人となった。

 この2891人に対し、市では認可保育所や小規模保育所の整備、認定保育園の活用と保育料補助の継続、さらに今年度から導入した保育園で空きのある4・5歳児枠を、需要の高い1・2歳児で1年限定で使う『年度限定型』保育の活用などで応じ、待機児童をゼロとしたという。

 2日の記者会見で福田市長は「きめ細やかな区役所の対応や施設整備、ソフトとハード両面での施策で解消できた」などと話した。

 川崎市の現状は、相次ぐ大規模集合住宅の開発に合わせて、就学前の子どもを持つ世代が大幅に増加。さらに共働きを目指す人も多く保育ニーズは右肩上がりとなっている。申請率をみると、2009年は20・7%だったが、17年では36・5%と大幅増。伸び幅も14年の1・6ポイントから増え続け、17年では2・8ポイントとなっている。

 しかし、保育所整備に関しては、近年の建設費用や主要駅周辺を中心とした地価高騰などが高いハードルとなり難しくなっている。

 市では昨年秋、主要駅から1Km以内の地域で50戸以上の共同住宅を計画する事業者に向け、小規模保育事業所の自主整備や保育所整備に対する寄付金を要請する制度を導入した。しかし現在のところ実績はなく、「今後、周知、協力を求めていきたい」としている。

 なお、今年3月末に示された新基準定に関しては全ての聞き取りをしていないため、含まないとした。

高津区版のトップニュース最新6件

「健康遊具」公園に増加

区内から2人が認定

かわさきマイスター

区内から2人が認定

11月17日号

再開発20年、節目の写真展

高津シルバーガイドの会

再開発20年、節目の写真展

11月10日号

奇跡の逆転リーグ制覇へ

ルヴァン杯準V川崎F

奇跡の逆転リーグ制覇へ

11月10日号

水曜ノー残業9割超

川崎市職員

水曜ノー残業9割超

11月3日号

国学院大、連続出場へ

箱根駅伝

国学院大、連続出場へ

11月3日号

高津区版の関連リンク

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

高津区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 高津物語

    連載第一〇二一回

    高津物語

    「宿屋」

    11月17日号

  • 高津物語

    連載第一〇二〇回

    高津物語

    「二子玉川」

    11月10日号

高津区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2017年11月17日号

お問い合わせ

外部リンク