高津区版 掲載号:2017年11月3日号
  • googleplus
  • LINE

大規模事故想定し訓練消防と警察合同で

社会

重傷者が複数出た想定で訓練した
重傷者が複数出た想定で訓練した
 高津消防署と高津警察署は大規模事故を想定した合同訓練を10月27日にKANTOモータースクール溝ノ口校で行った。当日は高津消防団や川崎市の災害指定病院(DMAT)である日本医科大学武蔵小杉病院も参加し、互いの連携具合などを確かめた。

 今回の訓練は異なる組織による情報共有や災害対応力の向上を目的に行われた。想定は薬物中毒者による軽自動車の暴走で、重軽傷合わせて10名の傷病者が出たというもの。はじめに警察官二人が事故現場を確認し、消防署への通報や交通規制を実施。その後、救急車などが到着し、医師や消防隊員らによって傷病者が傷の程度に応じて応急処置や搬送の順序を決められ、救護活動が行われた。

 同病院救命救急センターの松田潔センター長は今回の隊員の動きを評価しつつ「今回は消防隊のみ対応本部を設けたが、より迅速で手厚い対応のために、警察も本部を作り本部同士の連携を確かめる必要がある」と今後の課題を述べた。

高津区版のローカルニュース最新6件

高津区版の関連リンク

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

高津区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 高津物語

    連載第一〇二一回

    高津物語

    「宿屋」

    11月17日号

  • 高津物語

    連載第一〇二〇回

    高津物語

    「二子玉川」

    11月10日号

高津区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2017年11月17日号

お問い合わせ

外部リンク