中原区版 掲載号:2016年12月16日号

木月小PTA

「全国表彰」を受賞 教育

見守り活動、積極性が高評価

東海林さん(右)と役員の中山さん
東海林さん(右)と役員の中山さん
 木月小学校のPTA(東海林(しょうじ)香枝会長)が11月18日、学校や地域に貢献した優秀なPTAを全国の中から表彰する「日本PTA全国協議会会長表彰」を受賞した。また同日、大戸小学校PTA(川村明啓会長)が県の優良PTA教育委員会表彰を受けた。

 日本PTA全国協議会会長表彰は子どもの健やかな育成や教育環境の向上、家庭教育の充実等に貢献した団体や個人に贈られる。全国表彰は各都道府県と政令市にある64の協議会の推薦を受けた団体や個人から選ばれ、川崎市は「組織が整備されているか」「校外活動が活発か」「広報が活発か」などの評価基準をもとに優良団体を選定する。

 木月小PTAが全国表彰を受けたのは、毎年更新される安全マップへの取り組みと行事などに全員が参加する一体的な姿勢。マップは学校区全てが載っているB4サイズのもので、毎年保護者に配布される。自転車の飛び出しが多い地域、車のスピードが速い道路、道幅が狭く危険な道などを注意喚起し、2年に一度の保護者アンケートで改良を行っている。行事では「人が足りなくなったことは一度もない」と東海林会長が話すように、会員全員が積極的に参加。こうした見守り活動や積極性が高く評価された。

 東海林会長は「表彰を頂けたのも協力して下さった全ての人のおかげ。入学してきた保護者の方が木月で良かったと思ってもらえる環境作りに努めたい」と意気込んだ。

大戸小も神奈川県で表彰

 神奈川県教育委員会が主催する表彰式には県内から20の小学校PTAが選ばれ、中原区では大戸小が表彰を受けた。大戸小は広報紙「すずかけ」の内容が高く評価された。年に4回発行し、運動会の結果報告から卒業式での児童のコメント、新しく赴任した教員のプロフィール紹介など学校の状況を逐一伝えている。川村会長は、「歴代が築き上げてきたものをしっかりと受け継いでいきたい」と話した。

川村さん(中央)と副会長の内藤さん(左)、廣野さん(右)
川村さん(中央)と副会長の内藤さん(左)、廣野さん(右)

川崎市からお知らせ

臨時福祉給付金(経済対策分)の支給対象の可能性のある方に申請書を発送しました

http://www.city.kawasaki.jp/350/page/0000084447.html

<PR>

中原区版のトップニュース最新6件

木月に「こども食堂」

市、防災啓発強化へ

熊本地震1年

市、防災啓発強化へ

4月21日号

5月から世界大会へ

フロアボール男子U-19

5月から世界大会へ

4月14日号

リユースと寄付で地域貢献

小杉「ママ」グループ

リユースと寄付で地域貢献

4月14日号

都市農業に新たな価値を

JAセレサ川崎20周年

都市農業に新たな価値を

4月7日号

横浜下し、地区優勝

川崎ブレイブ

横浜下し、地区優勝

4月7日号

関連記事(ベータ版)

中原区版の関連リンク

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

中原区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2017年4月21日号

政治の村で詳細情報発信中

お問い合わせ

外部リンク

メール版タウンニュース

ライブカフェミッシェル

タウンニュースホール

ケータイ版タウンニュース

ケータイで左のQRコードを読み取るか以下のURLを入力してください。

http://www.townnews.co.jp/m/