中原区版 掲載号:2017年7月7日号
  • googleplus
  • LINE

プロバスケBリーグ川崎 激戦東地区に2季目、ファン層拡大へ

スポーツ

川崎のホーム側にあたるゴール裏も、栃木ファンの黄色が目立った決勝=5月27日、代々木競技場
川崎のホーム側にあたるゴール裏も、栃木ファンの黄色が目立った決勝=5月27日、代々木競技場
 国内2リーグが統合され、昨秋誕生したプロバスケットボール男子「Bリーグ」で、川崎ブレイブサンダースが栃木ブレックスと熱戦を繰り広げた決勝から1カ月あまり。中地区で首位を独走した川崎が、来季から強豪ひしめく東地区に移ることが決まった。チーム体制を整え、9月開幕の2季目に挑む。

 東、西、中地区に各6チーム、計18チームが所属するBリーグ1部では、シーズン終了後の地区再編により、川崎は来季から東地区へ。リーグ初代王者の栃木のほか、チャンピオンシップ準決勝を戦ったアルバルク東京、1月の天皇杯決勝で大差をつけられ苦杯を喫した千葉ジェッツなど、ライバル勢が顔をそろえる。

 旧ナショナルリーグ(NBL)の2015―16シーズンを優勝で飾り、東芝のバスケ部から川崎市を拠点にする地域密着の新チーム体制に転換し、リーグ開幕元年に挑んだ川崎。レギュラーシーズンを勝率1位の49勝11敗で駆け抜け、上位8チームが頂点を競うプレーオフのチャンピオンシップに進出。栃木との接戦を演じた東京・国立代々木競技場には、シーズン最多の1万144人が訪れたが、その大半は黄色の栃木ブースター(ファン)で埋め尽くされた。

 川崎ブレイブサンダースを運営するTBLSサービス(株)(川崎区)の荒木雅己社長は「プレーオフを含むホーム戦には、(旧NBL時代の)昨年比で2・4倍の1試合平均2488人が来場した」と成果を挙げる一方、「決勝で代々木が黄色に染まるのを目の当たりにし、乗り越えるべき課題も再認識した」とコメントしている。

 川崎の開幕戦は9月29日と30日、本拠地とどろきアリーナに名古屋ダイヤモンドドルフィンズを迎える。

中原区版のトップニュース最新6件

「健康遊具」公園に増加

51年ぶり復活めざす

丸子多摩川花火大会

51年ぶり復活めざす

11月17日号

奇跡の逆転リーグ制覇へ

ルヴァン杯準V川崎F

奇跡の逆転リーグ制覇へ

11月10日号

高校生視点でまちづくりを

23日、上新城でイベント

高校生視点でまちづくりを

11月10日号

水曜ノー残業9割超

川崎市職員

水曜ノー残業9割超

11月3日号

自転車等「放置禁止」に

平間駅周辺

自転車等「放置禁止」に

11月3日号

ドコモでらくらくスマホ教室

スマホを持ってみたい人向けの参加無料の教室。メーカー専属の講師がやさしく解説

https://www.nttdocomo.co.jp/support/shop/search/shop.html?id=0300306888200

子ども達に「家庭」という環境を

家族と暮らせない子どものための「養育里親」説明会開催。NPO法人キーアセット

http://www.keyassetsnpo.jp/

<PR>

中原区版の関連リンク

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

中原区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2017年11月17日号

政治の村で詳細情報発信中

お問い合わせ

外部リンク