中原区版 掲載号:2017年7月7日号

プロバスケBリーグ

川崎 激戦東地区に スポーツ

2季目、ファン層拡大へ

川崎のホーム側にあたるゴール裏も、栃木ファンの黄色が目立った決勝=5月27日、代々木競技場
川崎のホーム側にあたるゴール裏も、栃木ファンの黄色が目立った決勝=5月27日、代々木競技場
 国内2リーグが統合され、昨秋誕生したプロバスケットボール男子「Bリーグ」で、川崎ブレイブサンダースが栃木ブレックスと熱戦を繰り広げた決勝から1カ月あまり。中地区で首位を独走した川崎が、来季から強豪ひしめく東地区に移ることが決まった。チーム体制を整え、9月開幕の2季目に挑む。

 東、西、中地区に各6チーム、計18チームが所属するBリーグ1部では、シーズン終了後の地区再編により、川崎は来季から東地区へ。リーグ初代王者の栃木のほか、チャンピオンシップ準決勝を戦ったアルバルク東京、1月の天皇杯決勝で大差をつけられ苦杯を喫した千葉ジェッツなど、ライバル勢が顔をそろえる。

 旧ナショナルリーグ(NBL)の2015―16シーズンを優勝で飾り、東芝のバスケ部から川崎市を拠点にする地域密着の新チーム体制に転換し、リーグ開幕元年に挑んだ川崎。レギュラーシーズンを勝率1位の49勝11敗で駆け抜け、上位8チームが頂点を競うプレーオフのチャンピオンシップに進出。栃木との接戦を演じた東京・国立代々木競技場には、シーズン最多の1万144人が訪れたが、その大半は黄色の栃木ブースター(ファン)で埋め尽くされた。

 川崎ブレイブサンダースを運営するTBLSサービス(株)(川崎区)の荒木雅己社長は「プレーオフを含むホーム戦には、(旧NBL時代の)昨年比で2・4倍の1試合平均2488人が来場した」と成果を挙げる一方、「決勝で代々木が黄色に染まるのを目の当たりにし、乗り越えるべき課題も再認識した」とコメントしている。

 川崎の開幕戦は9月29日と30日、本拠地とどろきアリーナに名古屋ダイヤモンドドルフィンズを迎える。

関連記事powered by weblio


中原区版のトップニュース最新6件

「母なる川」魅力伝え15年

多摩川エコミュージアム

「母なる川」魅力伝え15年

7月14日号

花と緑コンで大賞

中丸子南緑道緑を守る会

花と緑コンで大賞

7月14日号

25年の活動に幕

川崎童謡の会

25年の活動に幕

7月7日号

ヘイト歯止めへ指針案

川崎市

ヘイト歯止めへ指針案

6月30日号

歌謡曲でシニアつなぐ

歌声喫茶5周年

歌謡曲でシニアつなぐ

6月30日号

想定上回り増加加速

川崎市将来人口推計

想定上回り増加加速

6月23日号

関連記事(ベータ版)

中原区版の関連リンク

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

中原区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2017年7月21日号

政治の村で詳細情報発信中

お問い合わせ

外部リンク

メール版タウンニュース

ライブカフェミッシェル

タウンニュースホール

ケータイ版タウンニュース

ケータイで左のQRコードを読み取るか以下のURLを入力してください。

http://www.townnews.co.jp/m/