中原区版 掲載号:2017年9月1日号
  • googleplus
  • LINE

市子ども・若者生活調査貧困が学力や意識に影響初の取組の結果を公表

教育

 川崎市は、生活に困窮していると想定される子ども・若者やその家庭状況を把握・分析することで施策の推進を図るため、「市子ども・若者生活調査」を初めて実施。所得格差や家庭環境が子どもたちの学校での学習理解度や将来の夢などにも影響していることが分かった。

 今回市が行った「子ども・若者生活調査」は、「子ども・若者がいる世帯の保護者」と「生活保護受給世帯・児童扶養手当受給世帯」「児童養護施設に入所している子ども・若者」へのアンケートと、児童相談所や児童福祉施設等の職員へのヒアリング。可処分所得や生活状況について尋ね、分析結果を先月公表した。

 その結果、川崎市の貧困率(※)は6・9%だった。中でも注目したいのは「学校での学習理解度」や「将来の夢」などにも所得格差や家庭環境が影響していることが明らかになった点。

 表のように「一般家庭」と「生活保護・児童扶養手当受給世帯」「児童養護施設に入所」で、いずれも差異が生じている。

 これについて宮前区にある川崎愛児園の職員は、「入所する前の環境で勉強をするというルーティンがないため、入所後も遅れが取り戻せなかったり、なかなか集中できない子どもが多く、そうした結果が出たのでは」と分析。現在、学習ボランティアに来てもらい指導を受けたり、助成を受けて塾に通う制度を利用するなどして対応している。「携帯電話やゲーム等の説明書も見ずに使いこなす子どももおり、興味を持たせれば伸びるポテンシャルは皆持っているので、そこに注力して接するようにしている」と同施設では話す。

 市は調査結果を受け、「保護者への支援も含め、各関係分野の機関とも連携して、中・長期的な支援を構築していくことが重要」と話している。

 ※可処分所得額(給料の手取り分)が国の指標である貧困線(世帯員人数4人の場合の基準=年額245万円)の水準を下回る世帯に含まれる子どもの割合。

ドコモでらくらくスマホ教室

スマホを持ってみたい人向けの参加無料の教室。メーカー専属の講師がやさしく解説

https://www.nttdocomo.co.jp/support/shop/search/shop.html?id=0300306888200

子ども達に「家庭」という環境を

家族と暮らせない子どものための「養育里親」説明会開催。NPO法人キーアセット

http://www.keyassetsnpo.jp/

<PR>

中原区版のトップニュース最新6件

「健康遊具」公園に増加

51年ぶり復活めざす

丸子多摩川花火大会

51年ぶり復活めざす

11月17日号

奇跡の逆転リーグ制覇へ

ルヴァン杯準V川崎F

奇跡の逆転リーグ制覇へ

11月10日号

高校生視点でまちづくりを

23日、上新城でイベント

高校生視点でまちづくりを

11月10日号

水曜ノー残業9割超

川崎市職員

水曜ノー残業9割超

11月3日号

自転車等「放置禁止」に

平間駅周辺

自転車等「放置禁止」に

11月3日号

無料講演会を開催

11月17日㈮、三橋貴明さん講演

<PR>

中原区版の関連リンク

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

中原区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2017年11月17日号

政治の村で詳細情報発信中

お問い合わせ

外部リンク