青葉区版 掲載号:2011年10月6日号
  • googleplus
  • LINE

横浜市 がん検診、1ケタ台に低迷 制度周知が課題に

 横浜市は肺・胃・大腸・乳・子宮がん検診について公費による助成を行っている。しかし、平成22年度の肺・胃・大腸がんの受診率は1ケタ台に低迷。検診制度の周知不足や市民の意識不足が浮き彫りとなっている。

 22年に死亡した横浜市民は2万7304人で、このうち、がんによる死亡者は8716人と32%を占め、死因の第1位となっている。

 そのため、市はがんの早期発見と適切な治療に結びつける目的で検診機会のない市民を対象に検診費用の一部を助成し、自己負担を軽減している。肺・胃・大腸がん検診は40歳以上を対象に年度に1回受けられるほか、女性は40歳以上で乳がん検診と、20歳以上で子宮がん検診を2年度に1回受けられる。検診は身近ながん検診実施医療機関などで受診ができる。

 しかし、22年度の受診率は肺がん6・9%、胃がん4・7%、大腸がん8・8%と低迷しており、他自治体と比べても低い(表参照)。市健康福祉局保健事業課は、状況が違う他自治体との比較は単純にできないとした上で「広報やホームページでPRしているが、受診率に反映されていない。周知方法は試行錯誤している」と明かす。

 一方で乳がんと子宮がんの受診率は各17・6%、24・2%と比較的高い。これは21年度より国が乳がん検診を40歳から60歳まで、子宮頸がん検診を20歳から40歳の5歳刻みで無料で実施しており、対象者に個別通知していることが理由だと同課は推測する。しかしながらこの対象者以外にも個別通知をすることは費用面から難しく、市民自身のがんへの意識向上も課題だ。

 横浜市立大学医学部産婦人科教授で市大病院がんプロフェッショナル養成プログラム委員長の平原史樹氏は、がん検診について「早期に発見すれば治る可能性が高い。健康を守ることに対し、市民は意識をもっと持つべき」と指摘。同課も「多くの人にがん検診を受けてほしい」と話している。【電話】045・664・2631、がん検診問い合わせ専用
 

つよく、ただしく、のびのびと

豊富なカリキュラムで子どもの可能性を引き出します

http://www.yokohamasakura.ac.jp/index2.html

桐蔭学園幼稚部 来年度園児募集

9/6(木)、20日(木)見学会・給食試食会※WEB予約制。詳細はHPで

http://toin.ac.jp

ナザレ幼稚園

自然、愛情、文化との出会いを大切にし、未来に希望を持って生きる力を育みます

http://shion-gakuen.ed.jp/nazare/

成功体験溢れるみたけ台幼稚園

自己受容・自己発揮・他者支援ののびのび教育。未就園児親子の交流も盛んです!

http://www.kidslink.jp/mitakedai/

<PR>

青葉区版のトップニュース最新6件

全区への設置完了へ

認知症支援チーム

全区への設置完了へ

8月30日号

過去最高の全国6位に

市ケ尾高校ダンス部

過去最高の全国6位に

8月30日号

刷新で喫食率向上なるか

ハマ弁

刷新で喫食率向上なるか

8月23日号

公と民で子育てイベント

「国マガ」続けて50号

求人サイトで中小企業支援

横浜市

求人サイトで中小企業支援

8月16日号

本決算ファイナルセール!

8月31日まで展示家具、インテリア雑貨が最大50%オフ

http://www.hayamagarden.co.jp/

<PR>

青葉区版の関連リンク

あっとほーむデスク

青葉区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

版画で「宇宙の華」表現

版画で「宇宙の華」表現

はやぶさ2の講演も

8月19日~9月9日

青葉区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年8月30日号

お問い合わせ

外部リンク