青葉区版 掲載号:2012年4月26日号
  • googleplus
  • LINE

地域防災拠点 区民の6割が「知らない」 市民意識調査で明らかに

 横浜市がこのほど発表した「2011年度横浜市民意識調査」によると、震災時の避難場所である『地域防災拠点』を知らない青葉区民が、6割以上いることがわかった。

 この調査は、市民の生活意識を明らかにし、その結果を市政運営や政策立案に役立てようと、市が毎年行っているもの。調査は昨年7月から8月に行われ、市民2163人から回答を得た。このうち青葉区民は190人。今回は、東日本大震災の発生を受け、震災後の生活や防災・節電に関する質問に加え、市政への要望や満足度などについて調査を実施した。

 調査の中で、震災時の避難場所となる「地域防災拠点」を『知っているし、場所もわかる』と回答した青葉区民が31・1%。『知らない』が61・1%で、『知っているが、場所はわからない』の6・8%と合わせると7割弱の区民は「地域防災拠点」の場所がわからないことになる。市全体では、『知っているし、場所もわかる』が34・4%、『知らない』55・2%、『知っているが、場所はわからない』6・7%という結果。青葉区の『知らない』の回答は、市内18区中、一番多かった港南区(67・2%)に次ぐ数字となった。

区では40カ所が対象

 青葉区の地域防災拠点は小・中学校40カ所(隣接する都筑区の荏田小学校も含む)。その内、12カ所が被災負傷者への応急処置を行う地域医療救護拠点に指定されている。各防災拠点では周辺自治会が中心となり、防災訓練を1年に1回以上実施しているものの、防災拠点を知らない区民が多くいるのが現状だ。   区では来庁者や転入者に向けて、地域防災拠点、広域避難場所、地域医療救護拠点などがわかる『青葉区防災マップ』を区のガイドマップと一緒に配布。区役所1階の市民相談室と区総務課で取り扱っている。区総務課・危機担当係長は「直下型地震の可能性なども指摘されています。まずは自分が住んでいるエリアの防災拠点を改めて確認してほしい」と話す。

 地域防災拠点、広域避難場所、地域医療救護拠点などの詳細は、区のHP【URL】http://www.city.yokohama.lg.jp/aoba/で確認することが可能。
 

青葉区版のトップニュース最新6件

相馬さん(美西小3年)が最優秀

かながわ夢絵コンテスト

相馬さん(美西小3年)が最優秀

2月1日号

詐欺防止ソング初披露

従業員の健康増進で評価

節目迎え記念講演

民生委員制度創設100周年

節目迎え記念講演

1月25日号

1万4千戸「再生」へ

市営住宅

1万4千戸「再生」へ

1月18日号

全日本ボブスレーで2冠

もえぎ野中瀬間教諭

全日本ボブスレーで2冠

1月18日号

神奈川県議会議員 内田みほこ

備えあれば憂いなし!~準備万端に!自身も災害も将来も~

http://www.rose-miho.com/

ヴィンテージ・ヴィラ横浜

2/4・5・6個別見学会 神奈川県住宅供給公社の介護付有料老人ホーム

http://vintage-villa.net/yokohama/

<PR>

青葉区版の関連リンク

あっとほーむデスク

青葉区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年2月1日号

お問い合わせ

外部リンク