青葉区版 掲載号:2012年8月2日号
  • googleplus
  • LINE

(PR)

シリーズ【9】 "微細な病変"観察難しい「胃カメラ」

平島徹朗 院長国立がん研究センター中央病院内視鏡部などで世界最高水準の内視鏡診断や内視鏡治療を修得。
平島徹朗 院長国立がん研究センター中央病院内視鏡部などで世界最高水準の内視鏡診断や内視鏡治療を修得。

 がん検査の一つに「胃カメラ」があるが、「胃に炎症を抱えている人も多いため、特に早期段階の微細な病変は発見しにくい傾向があります」と話す平島院長。国立がん研究センターなどで内視鏡診断の修得に励んできた院長。毎月”がん”をテーマに連載。今月は『胃カメラでの観察の難しさ』について。

 「複雑・色調変化の弱い病変の発見。がんで苦しむ人を減らすには、全てここにかかっています」。胃がんの病変は、胃炎の中に隠れていることが多い。特に日本人は胃炎が多く、胃の観察が難しいため、より見逃しのない観察力が問われるという。「最近多く利用されている経鼻内視鏡は画像の解像度が低く、視野が狭く、光源が暗いため、ごく早期の微細な病変の発見は、難しいのが現状です」

 そこで同院は、病変が平坦で見極めが難しい微小な早期がんでも早期発見につなげようと、「デジタルハイビジョン内視鏡」を導入している。粘膜の微小な血管や腫瘍模様をより詳しく観察。さらに特殊染色・特殊光を併用して100倍拡大機能付内視鏡検査を行うことで、色調変化などからポリープに潜む悪性度も判断。「将来的にがんになる病変か否かを判断し、早期発見・治療につなげています」。【次回は、ピロリ菌検査について】
 

たまプラーザ南口胃腸内科クリニック

横浜市青葉区新石川3-14-12

TEL:045-914-7666

http://www.tamapla-ichounaika.com/

大成祭典 横浜葬祭センター

葬儀のことなら何でもご相談下さい。

http://www.taisei-saiten.co.jp/

<PR>

青葉区版のピックアップ(PR)最新6件

じねんじょ庵、本日オープン

「蕎麦ダイニング」 青葉台に誕生――

じねんじょ庵、本日オープン

2月15日号

夢膨らむシック&モダン

2/24(土)・25(日)完成見学・販売会

夢膨らむシック&モダン

2月15日号

「私立中高一貫校生専門塾」だから出来る!

春期講習申込受付中

「私立中高一貫校生専門塾」だから出来る!

2月15日号

感染症になってしまったら

子育てコラム「もみじのおてて」【8】

感染症になってしまったら

2月15日号

『WHY(なぜ)』鍛える自学塾

限定の「獺祭(だっさい)」予約受付中

青葉区版の関連リンク

あっとほーむデスク

青葉区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

「ホット」な作品一堂に

「ホット」な作品一堂に

老人ホームで展示

1月20日~2月26日

青葉区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年2月15日号

お問い合わせ

外部リンク