青葉区版 掲載号:2012年9月27日号
  • googleplus
  • LINE

緑区在住齋藤さん 米軍機墜落綴る冊子発行 事故から35年の節目

「事故を考えるきっかけになれば」と話す齋藤さん
「事故を考えるきっかけになれば」と話す齋藤さん

 1977年9月27日、旧緑区荏田町(現青葉区荏田北)で起きた米軍機墜落事故。「横浜・緑区米軍機墜落事故平和資料センター」代表の齋藤眞弘さん(71)=緑区在住・人物風土記で紹介=が、事故発生から35年の節目にこれまでの活動記録などをまとめた冊子「今、ハトポッポの歌が聞こえますか」を発行した。

 米軍機墜落事故は、厚木基地を離陸した米軍機がエンジン火災を起こし、現青葉区荏田北の住宅地に墜落。9人の死傷者を出した。墜落現場付近に住んでいた土志田和枝さんの長男・裕一郎君(3)、次男・康弘君(1)は翌日に全身火傷で亡くなった。また、和枝さんも皮膚移植や入退院を繰り返したのち、事故から4年4カ月後に心因性の呼吸困難で死亡した。

 齋藤さんは「事故を風化させたくない。誰かが語り継いでいかなければ」と、これまでも「愛の母子像ものがたり」「詩歌集 痛恨」を節目の9月27日に発行してきた。今回も35年に合わせ、事故関係の本や事故を題材にした演劇の一覧表などをまとめた冊子を発行。

 2部構成となる第一部は、中学校演劇に力を注ぎ、緑区民ミュージカルを発展させた大沢清さんが執筆。中高生らによる「墜落事故と命」をテーマにした演劇や様々な活動をまとた。

 第2部は齋藤さんが担当。事故を知ろうとしても市立図書館などには、一部の本や資料しかないことから、これまで発行されている墜落事故に関する本や冊子をまとめた一覧表を作成。また、事故に関する演劇台本なども記載した。齋藤さんは「(40年目の)5年後はどうなってるか分からないけど、今後は今まで集めた資料や写真などを整理して次の世代に残していきたい」と話している。冊子の問合せは齋藤さん【電話】045・933・3954まで。
 

大成祭典 横浜葬祭センター

葬儀のことなら何でもご相談下さい。

http://www.taisei-saiten.co.jp/

<PR>

青葉区版のトップニュース最新6件

「総量維持」に重点

次期緑の保全計画

「総量維持」に重点

2月15日号

まち整備で魅力づくり

荏子田美しが丘

まち整備で魅力づくり

2月15日号

インフラ整備に積極投資

市18年度予算案

インフラ整備に積極投資

2月8日号

ラリーで市ケ尾再発見

相馬さん(美西小3年)が最優秀

かながわ夢絵コンテスト

相馬さん(美西小3年)が最優秀

2月1日号

詐欺防止ソング初披露

青葉区版の関連リンク

あっとほーむデスク

青葉区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

「ホット」な作品一堂に

「ホット」な作品一堂に

老人ホームで展示

1月20日~2月26日

青葉区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年2月15日号

お問い合わせ

外部リンク