青葉区版 掲載号:2013年5月30日号
  • googleplus
  • LINE

横浜市 退職手当 引き下げへ 8月から段階的に実施

 横浜市は、今年8月から市職員の退職手当の支給水準を引き下げる条例改正案を、現在開催中の市会定例会に提出した。改正案が可決されれば市職員(一般職)の現行の支給額が2015年度には400万円程度削減される。

 今回の措置は官民較差の解消などを目的とする、国家公務員退職手当法の改正に連動する形で全国の地方自治体で実施されるもの。

削減効果は26億円

 現在、横浜市では一般職員が退職する際、最大で給与月給の約59カ月分(2700万円)が支払われているが、改正案ではこれをまず今年8月から約56カ月(2600万円)に引き下げる。さらに2014年度には約52カ月(2400万円)、2015年度には約50カ月(2300万円)に減額。同時に市長や副市長といった常勤特別職の退職手当も現行よりも最大で13%程度引き下げるとしている。削減幅(約400万円)については、国が示したモデルケースとほぼ同じ水準。市では、この措置で2015年度には約26億円の人件費の削減効果を見込んでいる。

横並びに不満も

 生涯賃金の「後払い」という側面も持つ退職手当が削減される市職員側では「国の制度が変わったから(退職手当)画一的に400万円減らすというのは、急すぎるのでは」といった声も。市当局と交渉にあたった横浜市従業員労働組合では「削減額の基準について市から具体的な根拠の明示がなかった」と説明。公務員である以上、決定事項には従うとしながらも「”国=(イコール)横浜”ではないのだから、市の財政状況などをもっと詳細に調査した上で(削減幅を)決めてもらいたかった」と不満を漏らす。また自治労横浜市従業員労働組合も、こうした意見に概ね同調した上で、生活者の視点から民間への影響を懸念。「公務員の給与は民間の『お手本』ともいえ、さらに市の職員もそれぞれが消費者である以上、横浜の地域経済に与える影響が大きいのでは」と指摘する。一方、引き下げ実施直前の「駆け込み退職増加の可能性」については「不透明」としている。改正案は現在開かれている第2回市会定例会で審議されており、5月30日に採決予定。

スタッフ募集中!

誰でも参加可能な地域交流バザーもあります

http://www.yokohama-tawawa.jp/index.html

<PR>

青葉区版のトップニュース最新6件

水道料金値上げを検討

横浜市

水道料金値上げを検討

3月29日号

子育て拠点 市ケ尾にも

被災地と中継し講座

星槎大学

被災地と中継し講座

3月22日号

参加者30万人を突破

ウォーキングポイント

参加者30万人を突破

3月22日号

公共施設の「多目的化」推進へ

「居場所づくり」全国で発表

(公社)神奈川県薬剤師会

ご活用下さい!あなたのかかりつけ薬局・薬剤師

https://www.kpa.or.jp/

<PR>

青葉区版の関連リンク

あっとほーむデスク

青葉区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

転倒予防で介護予防

転倒予防で介護予防

高齢者向け 体操指導

4月5日~4月5日

青葉区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年3月29日号

お問い合わせ

外部リンク