青葉区版 掲載号:2013年5月30日号
  • googleplus
  • LINE

(PR)

「学校健診で指摘を受けたら、早めの相談を」 小児矯正の目安は7〜8歳

相原 憲仁 院長
相原 憲仁 院長
 「この時期は、学校の歯科健診が行われる時期ですね。虫歯や歯並びに関する指摘を受けたお子さんは、早めに『かかり付け医』に相談することが大切です」と話す相原憲仁院長。日本矯正歯科学会認定医の相原院長に、小児矯正について話を聞いた。

 「こどもの矯正治療は早めに行うことで、顎の成長に合わせた処置が可能になります」と相原院長。小児矯正治療の開始時期は、7歳から8歳が目安だという。この時期は子どもの歯は動かしやすいのが最大のメリット。「短い期間で治療を終わらせることができます」。

器具目立たない矯正とは?

 同院で取り組んでいる矯正の方法は、可能な限り歯を抜かない保存的矯正治療の「床矯正」。顎の成長に合わせ、取り付けたワイヤーを少しずつネジで調整していく。顎や歯への負担が少ない上、歯の裏側に器具を装着するので、見た目を気にせずに治療を続けられるのが特徴だ。また、20歳以上の矯正治療も可能。「小児矯正のように顎の成長に合わせることはできませんが、顎の成長が完了しているので、治療計画が立てやすいです」と相原院長は話す。

 そのほか、同院では「歯のクリーニング」「フッ素の塗布」、矯正専門医ならではの「歯並びに関する無料相談」も行っている。

のんの歯科・矯正クリニック

横浜市青葉区たちばな台2-1-1

TEL:045-960-3344

http://www.nonno-dent.jp/

スタッフ募集中!

誰でも参加可能な地域交流バザーもあります

http://www.yokohama-tawawa.jp/index.html

<PR>

青葉区版のピックアップ(PR)最新6件

(公社)神奈川県薬剤師会

ご活用下さい!あなたのかかりつけ薬局・薬剤師

https://www.kpa.or.jp/

<PR>

青葉区版の関連リンク

あっとほーむデスク

青葉区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

転倒予防で介護予防

転倒予防で介護予防

高齢者向け 体操指導

4月5日~4月5日

青葉区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年3月29日号

お問い合わせ

外部リンク