青葉区版 掲載号:2015年2月26日号 エリアトップへ

青葉消防署管内 寒暖差ショック死10人 患者大半が入浴時高齢者

社会

掲載号:2015年2月26日号

  • LINE
  • hatena

 青葉消防署(齋藤俊彦署長)によると、この冬、区内で入浴中に溺水し救急対応が必要となった事故が今季(2014年10月〜15年2月20日)26件起きていることが分かった。入浴時などの寒暖差で起こる「ヒートショック現象」が原因とし、注意を呼びかけている。

 冬場に起きやすいとされる「ヒートショック現象」により脳卒中や心筋梗塞を発症し、浴槽内で溺れるなどして救急搬送された患者26人のうち、10人が死亡、11人が重篤になっている。患者の約8割にあたる21人が70歳以上の高齢者だ。2月に入ってからの死亡者は5人で、増加傾向となっている。同署は「気温が下がっている影響ではないか。特に高齢者は気をつけてほしい」と話している。

 「ヒートショック現象」とは、急激な寒暖の差(温度の変化)により血圧が上昇や下降を繰り返し、脈拍が早くなる状態のこと。冬場の冷えた浴室やトイレなどで発生しやすく、脳卒中や心筋梗塞などにつながる。特に入浴時は、温かい室内から寒い浴室に移動した際に血管が収縮し血圧が上昇。熱い浴槽に浸かることで血圧が急降下する。このような血圧の乱高下によって脳卒中や心筋梗塞が引き起こされ、そのまま浴槽内で溺れてしまうこともある。

「脱衣所暖めて」

 同署では事故を防ぐ方法として「脱衣所に暖房器具を置き、室温を上げる」「入浴前に浴槽の蓋を開けて浴室内を暖める」などを挙げている。高血圧や不整脈の人は事故が起きる可能性が高いとし、「入浴中に家族が様子を見るようにしてほしい」としている。また、飲酒直後は脳卒中も起こりやすくなるため、特に危険だ。同署は「家族でヒートショックのことを認識し、対策することが大切」と呼びかけている。
 

5/27家族葬一般葬の相談会

費用・内容など個別のご相談を承っております。

http://www.sougi-itabashi.co.jp

廣田新聞店

新聞販売、折込広告の企画・編集・印刷、ポスティング

https://hirotarian.ne.jp/

<PR>

青葉区版のトップニュース最新6

「平等」テーマに市長賞

国際平和スピーチコンテスト

「平等」テーマに市長賞 社会

榎が丘小 荒井結宇さん

9月23日号

コロナ禍で端末活用加速

横浜市立小中学校

コロナ禍で端末活用加速 教育

一律での実施に課題も

9月23日号

プロとコラボ 本番間近

市ケ尾高校ダンス部

プロとコラボ 本番間近 スポーツ

26日 Miyuさんと共演

9月16日号

生理の貧困 支援の動き

横浜市

生理の貧困 支援の動き 社会

官民連携で無償配布

9月16日号

工藤さんに功労者表彰

工藤さんに功労者表彰 社会

交通安全に取り組み50年

9月9日号

「停滞、閉塞感打破したい」

「停滞、閉塞感打破したい」 政治

山中新市長に聞く

9月9日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 6月24日0:00更新

  • 5月20日0:00更新

  • 4月29日0:00更新

青葉区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

乳児と一緒にヨガ

乳児と一緒にヨガ

オイルマッサージも

9月18日~10月15日

青葉区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 目のお悩みQ&A

    専門医が分かりやすく解説

    目のお悩みQ&A

     第15回『白内障の手術はやり直しができますか?』

    9月23日号

青葉区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年9月23日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook