青葉区版 掲載号:2015年3月5日号 エリアトップへ

桂小出身増田さん 青葉台舞台にSF漫画 KADOKAWAから単行本化

文化

掲載号:2015年3月5日号

  • LINE
  • hatena
作品を手にする増田さん
作品を手にする増田さん

 市立桂小学校出身の増田栄一郎さん(26)が、ウェブ上で漫画を読める(株)KADOKAWAのサービス「コミックウォーカー」で、青葉台を舞台にした漫画『いつも隣に宇宙人。』を連載している。1月10日には、1話から5話をまとめた単行本が同社から刊行された。

 漫画は、アニメ制作会社(株)エイトビットロケットに所属する増田さんが、「田丸鴇彦(ときひこ)」というペンネームで初めて絵と物語作りを手がけた作品。ほのぼのした青春コメディが、かわいらしいタッチで描かれている。イラストレーターの仕事を中心に行っていたが、関係者の紹介で昨年3月に創刊した「コミックウォーカー」での連載が始まった。連載は月1回。絵にはパソコンの画像制作ソフトを使用している。

 物語で青葉台は、20年前に人類史上初めて宇宙人を迎え入れることになったまちに設定されている。特に多くの宇宙人が通学する仮想の学校「青葉中学」では、文化の違いなどの悩み解決にあたる部活動「相談部」を設置。廃部寸前になった今、人間と宇宙人の間に生まれた主人公の女子生徒、三嶋花野(かの)が部長に就任し、仲介役として周囲の悩みを解決していくストーリーだ。

 小学4年生から18歳までを青葉台で過ごした増田さん。漫画を描く上で実際のまちをモデルにしようと、「他の場所より緑も多く、人々の余裕もある」と感じる、思い入れのある地元青葉台を舞台に選んだ。

 主人公が屋上からまちを眺める場面の絵には、実際に母校の桂小学校の屋上に行き、当時からの友人と協力しながら撮った写真を見て描いた。このほか、桜台公園なども背景のモデルにしているという。

「家族愛」テーマに

 家族を仲直りさせるなど、主人公が相談部として活躍しながら「家族愛をテーマに、異なる種族が仲良く暮らす姿を描きたかった」と増田さんは話す。主人公の家族は、両親が人間の母と宇宙人の父という珍しい構成。仲の良い主人公の家族を描くことで、「読んだ人が、こんな家族や友だちをつくりたいと思ってくれる作品にしたい」と増田さん。今後は、主人公や周囲の家族関係が明らかになっていく展開だ。

 「コミックウォーカー」担当の新田晴朗さんは「実在するまちがモデルになっているので、SFに馴染みのない人も親しみやすい」と評価する。第一巻は全国の主要書店で販売(580円税別)しているほか、インターネットでも購入できる。
 

5/27家族葬一般葬の相談会

費用・内容など個別のご相談を承っております。

http://www.sougi-itabashi.co.jp

廣田新聞店

新聞販売、折込広告の企画・編集・印刷、ポスティング

https://hirotarian.ne.jp/

<PR>

青葉区版のトップニュース最新6

「感動させる走りを」

緑が丘中出身泉谷駿介選手

「感動させる走りを」 スポーツ

陸上110ⅿHで五輪へ

7月22日号

吹奏楽部に発表の場を

青葉台東急スクエア

吹奏楽部に発表の場を 文化

クラファンで演奏会目指す

7月22日号

清水選手を後輩が応援

FCすすき野レディース出身

清水選手を後輩が応援 スポーツ

なでしこジャパン優勝願う

7月15日号

倒産件数、上半期は大幅減

倒産件数、上半期は大幅減 経済

特別融資、支援金が下支え

7月15日号

火災発生に注意喚起

青葉消防署

火災発生に注意喚起 社会

前年同期比で1.6倍増

7月8日号

通告・相談件数が過去最多

横浜市児童虐待

通告・相談件数が過去最多 社会

社会的関心の高まり背景

7月8日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 6月24日0:00更新

  • 5月20日0:00更新

  • 4月29日0:00更新

青葉区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 目のお悩みQ&A

    専門医が分かりやすく解説

    目のお悩みQ&A

     第13回『結膜炎はうつりますか?』

    7月22日号

青葉区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年7月22日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter