青葉区版 掲載号:2015年4月23日号 エリアトップへ

(PR)

横浜市在住若山もと菊さん 日本舞踊の魅力、存分に 5月2日、鶴見で発表会

文化

掲載号:2015年4月23日号

  • LINE
  • hatena
花柳汐富士さん(妻)との相舞踊は息もぴったり
花柳汐富士さん(妻)との相舞踊は息もぴったり

 古典舞踊と現代舞踊を融合させた『若山流』家元として活躍する若山もと菊さん(横浜市在住)。59の演目を披露する5月2日(土)の発表会(鶴見区・サルビアホール)を目前に控え、自身の演技、また弟子への指導にも熱がこもる。

 「日本舞踊は姿勢、角度、目線、間、位置の5つの基本動作によって成り立っています。この中でも特に重要なのが姿勢で、この5本柱が身につくことにより、男舞いは勢いと切れ、女舞いは気品と色気を表現できるのです」と語る若山さん。41年前に創流し、『花柳汐富士』の名で舞台に立つ夫人とともに二人三脚でこれまで歩んできた。現在は横浜を中心とし各地に150人の弟子がいるほどに。自宅の稽古場を基本に、DVDや手書きの振付(舞踊譜)、出稽古など、多少遠方にいても若山流が吸収できるような手法で指導を広めている。

原点は武道の精神

 若山流の原点は若山さんが小学生から大学生まで続けてきたという武道にある。「礼に始まり、礼に終わる。謙虚な気持ちと謙虚な姿勢が私の踊りに根付いています」。舞踊の所作、そして精神、その要素の多くが踊りの中に反映される。

 年に1度の発表会を迎える。今回の見どころは「男女の踊りが楽しめる相舞踊『夫婦縁(えに)し舟』ですね。今回の舞台が初披露となります。59の演目を5つの基本動作に注目して鑑賞して頂くとより楽しめるかもしれません」と若山さん。(問)【電話】045・592・2434。
 

若山もと菊

都筑区勝田町813-6

TEL:045-592-2434

5/27家族葬一般葬の相談会

費用・内容など個別のご相談を承っております。

http://www.sougi-itabashi.co.jp

廣田新聞店

新聞販売、折込広告の企画・編集・印刷、ポスティング

https://hirotarian.ne.jp/

<PR>

青葉区版のピックアップ(PR)最新6

「どんな症例も相談を」

「どんな症例も相談を」

インプラントの山下歯科医院

11月25日号

AT車22台を新車導入

AT車22台を新車導入

車内にアクリル板など感染症対策

11月25日号

暮らしの「困った」何でもお任せ

地域お助け隊「タスカル」

暮らしの「困った」何でもお任せ

11月25日号

人々の心を包む

人々の心を包む

地域の中に、妙蓮寺

11月25日号

励まし、信じる だから「伸びる」

冬期講習受付

励まし、信じる だから「伸びる」

時間がある冬休みの過ごし方で、学力に差をつける

11月25日号

中高生の矯正治療は画像診断必須

無理な抜歯、また抜かずに無理やりの矯正は要注意

中高生の矯正治療は画像診断必須

宮崎台やすい矯正歯科クリニック

11月25日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 11月4日0:00更新

  • 6月24日0:00更新

  • 5月20日0:00更新

青葉区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 目のお悩みQ&A

    専門医が分かりやすく解説

    目のお悩みQ&A

     第17回『元々、目が良かったのに60歳を過ぎて遠くも近くも見えにくくなってしまいました』

    11月25日号

  • おばあちゃん先生の子育てコラム

    おばあちゃん先生の子育てコラム

    第20回「お子さんと一緒に成功体験を重ねましょう」

    11月25日号

青葉区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年11月25日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook