青葉区版 掲載号:2016年1月28日号 エリアトップへ

(PR)

あざみ野坂の上クリニック 「糖尿病」早期発見に注力 進行・合併症の予防めざす

掲載号:2016年1月28日号

  • LINE
  • hatena
杉沢院長(中央)らスタッフ
杉沢院長(中央)らスタッフ

 現代病の一つとして、年々注目度が高まる糖尿病。「あざみ野坂の上クリニック」などを手がける武田浩理事長に、特徴や対策を聞いた。「最初は検診等で『尿に糖が出ている』『血糖値がやや高い』と指摘されてもまだ無症状で、大半は喉が渇いたりだるい程度。でも、放置すると合併症による症状が出ることもある」

動脈硬化の恐れも

 インスリン不足等で血液中のブドウ糖が増え、血糖値が慢性的に高くなる糖尿病。網膜症、腎症、神経障害の「三大合併症」や脳梗塞、狭心症、心筋梗塞等の「動脈硬化性疾患」になる恐れも。同院では大学病院など一部の医療施設にしかない「FMD検査」機器を導入。動脈硬化の初期段階を適切に診断し、早期治療につなげるのが狙いだ。

 武田理事長は日本糖尿病学会認定の糖尿病指導医・専門医。「地域に根差した糖尿病治療」を心がけ、伊勢原市の本院「武田クリニック」は糖尿病専門医育成の研修施設にもなっている。「地域の医療機関や大学病院と連携し、質の高い医療、気軽に相談できる医療相談所を目指している」と話す。

2月も糖尿病教室

 病気への理解をより深めてもらおうと、同院では「糖尿病教室」を2月も開催。▽5日(金)午前11時〜11時半「食事療法」▽8日(月)午後2時〜3時「糖尿病とは」▽9日(火)午後1時半〜2時「日常生活の注意点」▽16日(火)午前11時〜11時半「薬物療法」。要予約、参加無料。詳細は電話で。

あざみ野坂の上クリニック

横浜市青葉区あざみ野南2-14-4

TEL:045-509-1024
FAX:045-509-1631

http://azasaka.jp

青葉区版のピックアップ(PR)最新6

金の星幼稚園 四年生教育開始

金の星幼稚園 四年生教育開始

外国人・日本人のダブル担任制

9月23日号

シニアの新しい住み替えの形とは

所有権マンションとシニア住宅の“いいとこ取り”

シニアの新しい住み替えの形とは

東急リバブル「リディアスforシニア」

9月23日号

脳ドックで早期発見・早期治療

ライズモール綾瀬1階

脳ドックで早期発見・早期治療

平日は夜8時まで、土日祝日も診療

9月23日号

卒園記念作品を架け替え

みたけ台幼稚園

卒園記念作品を架け替え

「26年前の思い出を見にぜひ」

9月23日号

矯正治療に大きな利点

歯科矯正用アンカースクリュー

矯正治療に大きな利点

宮崎台やすい矯正歯科クリニック

9月23日号

水の画家 居島春生展

水の画家 居島春生展

10月3日まで 奥入瀬の水風景等

9月23日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 6月24日0:00更新

  • 5月20日0:00更新

  • 4月29日0:00更新

青葉区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

乳児と一緒にヨガ

乳児と一緒にヨガ

オイルマッサージも

9月18日~10月15日

青葉区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 目のお悩みQ&A

    専門医が分かりやすく解説

    目のお悩みQ&A

     第15回『白内障の手術はやり直しができますか?』

    9月23日号

青葉区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年9月23日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook