青葉区版 掲載号:2016年7月28日号 エリアトップへ

公募美術展 区民の力で新生開催 1回目大賞は田中さん

文化

掲載号:2016年7月28日号

  • LINE
  • hatena
受賞作品「獺」と田中さん
受賞作品「獺」と田中さん

 第1回目となる「あおば美術公募展」が横浜市民ギャラリーあざみ野で7月24日まで開催された。青葉区民らによる「協働」を目指し、企画された今回。区内から254点の応募があり、入選した162作品が展示された。大賞には美しが丘在住の田中なお実さんの作品が選ばれ、18日に講評会と表彰式が行われた。

 同展は昨年までの10年間、青葉区・緑区・港北区・都筑区を対象に開催されてきた「横浜北部美術公募展」の終了に伴い、青葉区独自で初めて企画された。昨年までの流れを汲みつつも、横浜美術大学の北澤茂夫教授を実行委員長に、区民で構成される「あおば美術公募展実行委員会」を新設し、準備を行ってきた。

 新しい公募展は、展示期間中の受付を出品者自身が担うなど、企画・運営を区民がサポートしているのが特徴。最後の北部美術公募展会場でアンケートを実施したところ、継続を希望する声が多かったため、委員会を組織し「区民手づくりの展覧会」を目指すことになったという。区内企業や大学、団体等も協賛し、今回初めて実現した。「文化のまち青葉区」として、区を盛り上げていくことも今回の狙いだ。

 北澤委員長は「主催者、出品者、鑑賞者という関係ではなく、ともにつくり、皆で盛り上げたい」と話す。

 大賞に選ばれた田中さんの作品は妖怪を描いた油絵「獺(かわうそ)」。約400時間をかけ、手を加えてきたという。絵画が趣味という田中さんは「妖怪が好きで、頭の中にあるイメージを忠実に再現してきた。第1回目での受賞で光栄」と喜びを語る。このほか、優秀賞の東寛雄さん、横浜市長賞の佐々木綾子さんを含む受賞者15人が表彰された。

 審査員は、北澤委員長や市ケ尾高校美術教諭らで構成。特別審査員を務めた俳優の石坂浩二さんは「素晴らしい作品が寄せられ、それぞれの思いが感じられた」とあいさつした。

妙蓮寺墓苑 一般墓地・樹木葬

一般墓地107.8万円~ 樹木葬1区画33万円~ ☎0120・514・194

http://www.514194.co.jp

<PR>

青葉区版のトップニュース最新6

説明会で賛否両論

藤が丘駅前再開発

説明会で賛否両論 経済

基本計画は今夏策定

4月22日号

フレックス制を導入

横浜市教職員

フレックス制を導入 教育

働き方改革の一環で

4月22日号

区内4事業者を認証

第2回Y-SDGs

区内4事業者を認証 経済

SDGs推進に期待

4月15日号

IC化で利用実態把握へ

横浜市敬老パス

IC化で利用実態把握へ 社会

制度適正化へ一歩

4月15日号

保険証利用、プレ運用開始

マイナンバーカード

保険証利用、プレ運用開始 政治

区内でも導入事例

4月8日号

ICT活用し区民活力を

2021年度青葉区予算

ICT活用し区民活力を 経済

コロナ対策で様々な施策

4月8日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 4月22日0:00更新

  • 4月15日0:00更新

  • 2月4日0:00更新

青葉区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

和らぎギターコンサート

和らぎギターコンサート

読者10人を無料招待

5月9日~5月9日

青葉区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 子どもの学びとウェルビーイング

    コラム「学校と社会をつなぎ直す」【14】

    子どもの学びとウェルビーイング

    桐蔭学園理事長 溝上慎一

    4月22日号

  • 目のお悩みQ&A

    専門医が分かりやすく解説

    目のお悩みQ&A

     第10回『子どもの近視はどうしたらよいですか?』

    4月22日号

  • おばあちゃん先生の子育てコラム

    おばあちゃん先生の子育てコラム

    第13回「赤ちゃんの人見知り泣きは人を信じる本能を育てます」

    4月22日号

青葉区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年4月22日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter