青葉区版 掲載号:2016年7月28日号 エリアトップへ

公募美術展 区民の力で新生開催 1回目大賞は田中さん

文化

掲載号:2016年7月28日号

  • LINE
  • hatena
受賞作品「獺」と田中さん
受賞作品「獺」と田中さん

 第1回目となる「あおば美術公募展」が横浜市民ギャラリーあざみ野で7月24日まで開催された。青葉区民らによる「協働」を目指し、企画された今回。区内から254点の応募があり、入選した162作品が展示された。大賞には美しが丘在住の田中なお実さんの作品が選ばれ、18日に講評会と表彰式が行われた。

 同展は昨年までの10年間、青葉区・緑区・港北区・都筑区を対象に開催されてきた「横浜北部美術公募展」の終了に伴い、青葉区独自で初めて企画された。昨年までの流れを汲みつつも、横浜美術大学の北澤茂夫教授を実行委員長に、区民で構成される「あおば美術公募展実行委員会」を新設し、準備を行ってきた。

 新しい公募展は、展示期間中の受付を出品者自身が担うなど、企画・運営を区民がサポートしているのが特徴。最後の北部美術公募展会場でアンケートを実施したところ、継続を希望する声が多かったため、委員会を組織し「区民手づくりの展覧会」を目指すことになったという。区内企業や大学、団体等も協賛し、今回初めて実現した。「文化のまち青葉区」として、区を盛り上げていくことも今回の狙いだ。

 北澤委員長は「主催者、出品者、鑑賞者という関係ではなく、ともにつくり、皆で盛り上げたい」と話す。

 大賞に選ばれた田中さんの作品は妖怪を描いた油絵「獺(かわうそ)」。約400時間をかけ、手を加えてきたという。絵画が趣味という田中さんは「妖怪が好きで、頭の中にあるイメージを忠実に再現してきた。第1回目での受賞で光栄」と喜びを語る。このほか、優秀賞の東寛雄さん、横浜市長賞の佐々木綾子さんを含む受賞者15人が表彰された。

 審査員は、北澤委員長や市ケ尾高校美術教諭らで構成。特別審査員を務めた俳優の石坂浩二さんは「素晴らしい作品が寄せられ、それぞれの思いが感じられた」とあいさつした。

青葉区版のトップニュース最新6

学生が地元店のデリバリー

市が尾駅周辺

学生が地元店のデリバリー 社会

4店舗が参加、魅力発信に

5月19日号

緑化に市から1500万

青葉台の養蜂団体

緑化に市から1500万 社会

「人もハチも居心地よく」

5月19日号

認知症リスク低減へ調査

青葉区・桐蔭学園

認知症リスク低減へ調査 社会

区民限定 40歳から対象

5月12日号

活動報告をデジタル化

横浜市消防団

活動報告をデジタル化 社会

負担減へ一部先行導入

5月12日号

3年ぶり通常開催へ

青葉区民マラソン

3年ぶり通常開催へ スポーツ

第9回大会 11月27日予定

5月5日号

市が受入・定着を後押し

外国の介護人材

市が受入・定着を後押し 社会

事業所にセミナーと研修

5月5日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 5月12日0:00更新

  • 3月31日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

青葉区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 悠先生のちょっと気になる目のはなし

    「保険診療で行える、  多焦点眼内レンズを用いた白内障手術」 コラム【10】

    悠先生のちょっと気になる目のはなし

    5月12日号

青葉区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年5月19日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook