青葉区版 掲載号:2016年8月18日号 エリアトップへ

藤が丘在住飯田さん 緑道に手づくり木人形 10年前から設置

文化

掲載号:2016年8月18日号

  • LINE
  • hatena
(写真上)屋根の下に飾られた人形と飯田さん(写真下)手づくりのほこら
(写真上)屋根の下に飾られた人形と飯田さん(写真下)手づくりのほこら

 JA横浜中里支店付近のせせらぎ緑道=下谷本町。水路沿いには、味のある木の人形が置かれている。制作しているのは、藤が丘に住む飯田喜好さん(78)で、新たに屋根つきのコーナーと手づくりの小さなほこらを設置し、地域住民の目を楽しませている。

 携帯電話の部品等を製作する丸栄精機株式会社の代表取締役を務める飯田さん。「緑道を通る人に楽しんでもらいたい」と、約10年前から自身の畑の前の緑道に木の手づくり人形を置くようになった。河童や龍、アニメキャラクター等をモチーフとした、自然な木の形を生かした独自のデザインが特徴だ。畑の桜の枯れた部分などを活用し、釘と接着剤を用いて1体半日ほどで仕上げる。

 飯田さんによると、人形は今まで野ざらしにしていたため、3年ほどで腐ってしまっていたという。このため2日間で屋根付きの棚を制作、一部を残して人形を移動させたのだという。

 また屋根設置の前には、小さなほこらも制作。「手を合わせる場所をつくることで、緑道にごみを捨てにくくなれば」と、思いを語る。ほこらは飯田さんが手づくりの河童の人形を長年飾っていた場所に設置したことから「かっぱ神社」と名付けた。「河童の言い伝えや言われがあった訳ではないが、遊び心で。通る人に、にこっとしてもらえたら嬉しい」と笑顔を見せる。

制作は計100体に

 これまで入れ替えた分も含めて100体ほどの人形を趣味でつくってきたという飯田さん。10年ほど前、ベンチの周りにタバコの吸い殻がよく捨てられていたことから、灰皿を抱えた人形をつくって置いてみたのがきっかけだ。人形を写真に撮る人を見かけるなど、通行人に喜ばれたため、物をつくるのが好きだった飯田さんは、少しずつ増やしていったという。「憩いの場になるよう続けられれば」と話す。

青葉区版のトップニュース最新6

設置8割超も課題

住宅用火災警報器

設置8割超も課題 社会

義務化10年、現状は

5月7日号

17日から集団接種

青葉区

17日から集団接種 社会

新型コロナワクチン

5月7日号

危険なバス停20カ所

青葉区内

危険なバス停20カ所 社会

事業者中心に対策検討

4月29日号

開始注文率20%に

横浜市給食

開始注文率20%に 教育

ハマ弁から移行で倍増

4月29日号

説明会で賛否両論

藤が丘駅前再開発

説明会で賛否両論 経済

基本計画は今夏策定

4月22日号

フレックス制を導入

横浜市教職員

フレックス制を導入 教育

働き方改革の一環で

4月22日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 4月29日0:00更新

  • 4月22日0:00更新

  • 4月15日0:00更新

青葉区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年5月7日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter