青葉区版 掲載号:2016年10月13日号 エリアトップへ

(PR)

翔栄会 診療の幅の広さが特長 院内設備も重要視

掲載号:2016年10月13日号

  • LINE
  • hatena
翔栄会のドクター(写真後列中央が須田理事長)
翔栄会のドクター(写真後列中央が須田理事長)

 港北・青葉両区で3院を運営する翔栄会(須田孝則理事長/すだ歯科医院・港北区綱島/アークデンタルクリニック・新横浜/アークデンタルクリニック・青葉区桂台)の大きな特長は、診療の幅の広さにある。

 一般歯科はもちろん、インプラント、矯正、ホワイトニング、審美、ヒアルロン酸などに対応する。 

 ドクター、衛生士は総勢35人。患者の口腔内の状況を共有し、治療にあたる”チーム医療”体制を敷く。その上で患者が希望すれば、開始から終了まで一人のドクターが担当する。

 また、医療設備に力を入れており、歯科用CTや通常の治療室のほかに、院内感染を防ぐ観点から清潔な環境が整うインプラント専用オペ室を新横浜と青葉に設置している。須田理事長は「患者さん、個々にあった医療を提供するため、ドクターの技術力アップ、設備の改良を重ねています」と話す。

インプラント相談増加

 同会には50歳以上の人のインプラント相談が年々増えているという。実際の症例としては、欠損部分の骨にインプラントを埋める一般的なもののほか、上の骨に2本のインプラント入れ、入れ歯側にも部品を装着、両方を嵌め合せて固定させる手法など、入れ歯を使用したインプラントも数多く手掛けている。

 「年齢に応じたインプラントを提案しています。患者さんに噛む喜びを取り戻してほしい。それが最大の願いです」と須田理事長。

インプラントオペ室
インプラントオペ室

医療法人社団 翔栄会

TEL:0120-4182-99

http://www.arc-shinyokohama.com
http://www.sudashika.com

青葉区版のピックアップ(PR)最新6

大人のための音楽教室が開講

大人のための音楽教室が開講

受講生を募集中

10月14日号

乳がん検診の大切さ訴え四半世紀

乳がん検診の大切さ訴え四半世紀

取材協力/横浜青葉台クリニック

10月14日号

便秘で注意が必要な症状とは?

医療レポート【19】 大きな病気が潜んでいる可能性も

便秘で注意が必要な症状とは?

10月14日号

安心して生活を営む住まい

東急不動産HDグループのシニア住宅「グランクレール藤が丘シニアレジデンス」

安心して生活を営む住まい

 10月21日(木) 個別見学会 現在予約受付中

10月14日号

安心、JAのお葬式

もしもの時 もしもの為に… 事前相談無料

安心、JAのお葬式

「組合員・地域の方々へ」

10月14日号

放課後クラブの職員募集

放課後クラブの職員募集

週2〜可 40〜50代男女活躍中

10月14日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 6月24日0:00更新

  • 5月20日0:00更新

  • 4月29日0:00更新

青葉区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

「前進」テーマに公演

和太鼓

「前進」テーマに公演

11月6日 都筑公会堂で

11月6日~11月6日

青葉区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 悠先生のちょっと気になる目のはなし

    「女性に起こりやすい目の病気について」 コラム【3】

    悠先生のちょっと気になる目のはなし

    10月14日号

青葉区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年10月14日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook