青葉区版 掲載号:2016年11月10日号 エリアトップへ

藤が丘星野さん 「日本の秋」を花で表現 国連でオブジェ発表

文化

掲載号:2016年11月10日号

  • LINE
  • hatena
紅葉が映えるオブジェと星野さん
紅葉が映えるオブジェと星野さん

 日本の国連加盟60周年記念事業の一つ「花と芸術の祭典」に、フラワーデザイナーの星野久美さん=藤が丘在住=が舞台装飾総合監修デザイナーとして出演する。11月21日にニューヨークで行われ、22日には国連本部でオブジェの展示も行う予定だ。

 花を通じた地域振興や国際交流を目的に、国内外で活動する(一社)「花のある街振興会」が主催。星野さんは同会所属で、これまでさまざまなフラワーオブジェを制作、発表してきた実績を買われ総合監修デザイナーに選ばれた。

 今回の会場はオフ・ブロードウェイで、宇治川まさなり氏が演出を担当。日本の四季の美しさを花のオブジェや音楽、ダンスで表現するショー形式のステージだ。「四季の鼓動」をテーマに春、夏、秋、冬の4チームがそれぞれオブジェを制作、当日ショーの進行とともに仕上げるパフォーマンスも行う。星野さんは装飾に関する監修のほか、秋のオブジェを担当、自身が主宰するサロンの生徒21人と制作にあたっている。

 「外国の人向けなので『京都の秋』を表現したかった」という星野さん。構想は2日ほどで固まり、ステージに合わせてストーリー性を持たせた。花が映える黒い着物をモチーフに紅葉やダリアなど、秋の植物をふんだんに使用。高さのある紅葉は倒れないよう粘土の重りをつけたほか、装飾に耐えられるよう、着物にワイヤーネットを仕込むなど工夫を重ねた。和紙を使ったブーケやワイヤーと液体で作るアメリカンフラワー、折り鶴や水引、扇子などの小物も手作りだ。「皆の得意分野を生かして楽しめるように制作した」と話す。

 今回は、地元のカフェ「コトリエ」の角田吉友(つのだよしとも)さんとのコラボレーションも実現。着物を吊るす台と障子、御所車風の箱は、角田さんの手によるものだ。床紅葉や和室のイメージで「秋の夜長を表現したい」と店舗の内装を自身で手がけた角田さんに相談し、大道具の制作を依頼。飛行機で輸送するため解体でき、1人で組み立てできる手軽さと強度を求め、打ち合わせを重ねた。「試行錯誤したので喜んでもらえてホッとした。晴れの舞台をお手伝いできて嬉しい」と角田さん。星野さんは「角田さんのおかげで物語が表現できる。日本の風情を感じてもらいたい。思いを込めた作品なのでいつか横浜でもお披露目したい」と笑顔をみせた。

青葉区版のトップニュース最新6

市認定のNPO法人に

県転倒予防医学研究会

市認定のNPO法人に 社会

高齢者の健康維持に尽力

10月14日号

市が「防災力」認定制度

マンション

市が「防災力」認定制度 社会

来年1月に開始予定

10月14日号

陽性 半数近くが若年層

新型コロナ第5波

陽性 半数近くが若年層 社会

市、新プランで対策急ぐ

10月7日号

コロナ禍でも文化芸術を

コロナ禍でも文化芸術を 文化

鑑賞機会届けに奔走

10月7日号

市、オンライン申請を導入

証明書発行

市、オンライン申請を導入 社会

時間・場所問わず可能に

9月30日号

障害者の店舗利用を応援

あおばエール

障害者の店舗利用を応援 社会

HPでサポート内容を公開

9月30日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 6月24日0:00更新

  • 5月20日0:00更新

  • 4月29日0:00更新

青葉区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

「前進」テーマに公演

和太鼓

「前進」テーマに公演

11月6日 都筑公会堂で

11月6日~11月6日

青葉区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 悠先生のちょっと気になる目のはなし

    「女性に起こりやすい目の病気について」 コラム【3】

    悠先生のちょっと気になる目のはなし

    10月14日号

青葉区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年10月14日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook