青葉区版 掲載号:2017年7月6日号 エリアトップへ

平和会ペットメモリアル 被災動物の拠点に 区内で初めて選定

社会

掲載号:2017年7月6日号

  • LINE
  • hatena
駐車場を示す松江さん
駐車場を示す松江さん

 災害時にペットの保護を目的に設置される動物救援センターの候補地に、動物専用霊園の平和会ペットメモリアルパーク=美しが丘西=が新たに加わった。横浜市内では5カ所目の拠点となり、青葉区では初めて。

 大規模災害発生時、市獣医師会などからなる動物救援本部によって必要に応じて設置されるもの。飼い主とはぐれたペットや負傷動物、被災のため飼育が困難となった動物の保護などを目的としている。現在、市動物愛護センターや日本盲導犬協会神奈川訓練センターなどが選定されている。

 今回は、霊園を営む平和会ペットメモリアル(若月一朗代表)の申し出により実現した。同社はこれまで、東日本大震災や熊本地震への募金活動を実施。一方で地域に根づいた形の貢献活動を模索しており、霊園内の敷地を活用できればと横浜市に申請したという。敷地の広さや水が使えるなど、救護活動ができる環境であることが確認され、駐車場の一部が救援センターの候補地に選定された。担当の松江善仁さんは「『笑顔になるためのお手伝い』が弊社のモットー。安全、安心なまちづくりに協力できれば」と話す。霊園利用者が供えた供物を、同意を得た上で里親団体に寄贈するなどペットフードの保管も行う同社。「万が一の時には提供するなどできる限りサポートしたい」と話す。

 市の担当者は「場所のご提供は非常にありがたい。円滑な保護を目指したい」と話している。

青葉区版のトップニュース最新6

オンライン化推進に本腰

横浜市

オンライン化推進に本腰 社会

行政手続の利便性向上へ

6月23日号

街なかに「どうぞの椅子」

谷本地区

街なかに「どうぞの椅子」 社会

坂道途中などの休憩に

6月23日号

周辺区画の緑化進む

すすき野三丁目

周辺区画の緑化進む 文化

緑のまちづくり、2年目

6月16日号

策定へ基本的方向発表

新たな中期計画

策定へ基本的方向発表 社会

市長公約「ゼロ」明示せず

6月16日号

子ども食堂、再スタート

青葉区内

子ども食堂、再スタート コミュニティ社会

黙食や屋外で活動模索

6月9日号

中高年向け相談窓口開設

市ひきこもり支援

中高年向け相談窓口開設 社会

当事者、家族の孤立防ぐ

6月9日号

参院選神奈川立候補予定者アンケ

神奈川県選挙区の立候補予定者にアンケートを実施。回答を政治の村サイトで公開中

https://seijinomura.townnews.co.jp/election/2022/sangiin-q.html

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 6月9日0:00更新

  • 5月26日0:00更新

  • 5月12日0:00更新

青葉区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 学校から見た運動部の地域移行

    コラム「学校と社会をつなぎ直す」㉑

    学校から見た運動部の地域移行

    桐蔭学園理事長 溝上慎一

    6月23日号

青葉区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年6月23日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook