青葉区版 掲載号:2017年9月28日号 エリアトップへ

荏田西在住飯田さん 世界選手権「優勝狙う」 ラフティング日本代表に

スポーツ

掲載号:2017年9月28日号

  • LINE
  • hatena
◀飯田さん ▲TAMAのメンバー
◀飯田さん ▲TAMAのメンバー

 青葉区荏田西在住の飯田誠人(まこと)さん(20)が、10月2日から徳島県で行われるラフティング世界選手権のジュニア部門(23歳以下)で日本代表チーム「TAMA(タマ)」の一員として出場。日本初の同部門総合優勝を狙う。

 ラフティングはラフトと呼ばれるゴムボートで激流を下るアウトドアスポーツ。世界大会は日本屈指の激流である吉野川の大歩危(おおぼけ)峡、小歩危(こぼけ)峡を舞台に2日から9日まで行われる。年齢別に4部門男女別、1チーム6人乗りで行われ、各国から約80チームが出場。短距離の「スプリント」や長距離の「ダウンリバー」など4種目があり、いかに早く正確に川を下れるかを競う。各種目の順位でポイントが与えられ、4種目合計点で総合順位が決まるが、どの種目もパドルを漕ぐ瞬発力や持久力に加え、川の流れを読む力やチームワークが試される競技だ。

一橋大チームが代表

 荏田西小学校からサレジオ学院に進み、現在は一橋大学3年生の飯田さん。大学入学後から競技を始め、今では同大ラフティング部ストローム会の部長を務める。世界選手権に出場するTAMAは、飯田さんを含む同部員6人で構成するチーム。昨年10月に行われた日本代表選考会で他の大学チームを抑えて1位となり、飯田さんは初めて世界選手権の出場権を獲得した。

 「チームスポーツとして、全員の力を合わせないといけないところがラフティングの魅力」と話す飯田さんだが、メンバーの田中涼太郎さん、益子拓也さん、藤井太佑さん、乙竹基さん、安積佑太さんは同学年でずっと練習を共にしてきた仲間。競技の要となるチームワークには自信を持つ。特に今回は国内開催という地の利もあり、現地で練習をこなすなど準備も万全だ。過去にジュニア部門で総合優勝した日本代表チームはなく、飯田さんにとっても引退前の集大成となる大会。「全種目1位と総合優勝を狙います」と話している。

青葉区版のトップニュース最新6

「平等」テーマに市長賞

国際平和スピーチコンテスト

「平等」テーマに市長賞 社会

榎が丘小 荒井結宇さん

9月23日号

コロナ禍で端末活用加速

横浜市立小中学校

コロナ禍で端末活用加速 教育

一律での実施に課題も

9月23日号

プロとコラボ 本番間近

市ケ尾高校ダンス部

プロとコラボ 本番間近 スポーツ

26日 Miyuさんと共演

9月16日号

生理の貧困 支援の動き

横浜市

生理の貧困 支援の動き 社会

官民連携で無償配布

9月16日号

工藤さんに功労者表彰

工藤さんに功労者表彰 社会

交通安全に取り組み50年

9月9日号

「停滞、閉塞感打破したい」

「停滞、閉塞感打破したい」 政治

山中新市長に聞く

9月9日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 6月24日0:00更新

  • 5月20日0:00更新

  • 4月29日0:00更新

青葉区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

乳児と一緒にヨガ

乳児と一緒にヨガ

オイルマッサージも

9月18日~10月15日

青葉区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 目のお悩みQ&A

    専門医が分かりやすく解説

    目のお悩みQ&A

     第15回『白内障の手術はやり直しができますか?』

    9月23日号

青葉区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年9月23日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook