青葉区版 掲載号:2018年2月15日号 エリアトップへ

民生委員 制度100周年で記念講演 地域活性化を学ぶ

社会

掲載号:2018年2月15日号

  • LINE
  • hatena
あいさつする吉村会長(上)と名和田教授
あいさつする吉村会長(上)と名和田教授

 青葉区民生委員児童委員協議会(吉村春美会長)は2月2日、民生委員制度創設100周年を記念し、講演会とパネルディスカッションを青葉公会堂で行った。 

 1917年に岡山県で始まった「済世(さいせい)顧問制度」に端を発する民生委員。当初は貧困救済が目的だったが、現在は児童委員も兼任し、高齢者や障害者、子育て世帯などの見守り、相談に加え、行政等への橋渡し役として活動を深めている。

 記念講演会は民生委員が進めてきた地域の居場所や関係づくりだけではなく、新たな担い手の活動を知り、地域全体の活性化につなげようと企画されたもの。

 吉村会長は冒頭、「核家族化、少子高齢社会の中で、どう地域で活動していくか勉強、相談して民生委員活動を進めていきたい」と300人の聴講者を前に思いを語った。その後、法政大学の名和田是彦教授が「誰もが集える公共空間〜コミュニティカフェの意義を探る」と題して講演。コミュニティカフェの定義を常設施設として誰でも利用でき、地域や社会につながることができることなどを実際の事例を踏まえて説明。また、事業の中に収益を確保できる仕組みを取り入れ、民設民営として経営を継続していくための工夫を解説していた。

 続いてパネルディスカッションでは、NPO法人すすき野たまりんばの赤塚由子副理事長と(株)ビヨンド ザ リーフの楠佳英代表取締役兼デザイナー、NPO法人こまちぷらすの森祐美子代表が登場。地域の憩いの場づくりや手編みバッグブランドの運営、子育てをまちで支えるプロジェクト企画など、3人が自らの活動を紹介したほか、地域とつながりを持つようになった経緯などを語っていた。

パネルディスカッションに参加した3人
パネルディスカッションに参加した3人

青葉区版のローカルニュース最新6

災害備え自転車で巡回

災害備え自転車で巡回 経済

横建協青葉区会

11月26日号

神奈川大会で準優勝

青葉ボーイズ

神奈川大会で準優勝 スポーツ

ベイ杯出場切符を獲得

11月26日号

身近な危険と防災、触れて

身近な危険と防災、触れて 教育

もえぎ野中が校外学習

11月26日号

ひとり親でトークサロン

ひとり親でトークサロン 社会

 28日に青葉台で

11月26日号

コロナ終息願い、千羽鶴

コロナ終息願い、千羽鶴 社会

村田俊太君がプレゼント

11月26日号

今年は「つなぐ」テーマに

都筑太鼓

今年は「つなぐ」テーマに 文化

コロナに負けず、31回公演

11月26日号

意見広告・議会報告政治の村

  • 青葉区の声をカタチに!

    念願の認知症疾患医療センター設置 市政報告

    青葉区の声をカタチに!

    公明党 横浜市会議員 行田朝仁(ぎょうたともひと)

    11月19日号

あっとほーむデスク

  • 9月10日0:00更新

  • 9月3日0:00更新

  • 6月18日0:00更新

青葉区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

専門家が語るコロナ対策

専門家が語るコロナ対策

青葉区役所で12月20日

12月20日~12月20日

青葉区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 目のお悩みQ&A

    専門医が分かりやすく解説

    目のお悩みQ&A

     第5回「急性緑内障発作を起こしやすいと言われ心配です」

    11月26日号

  • おばあちゃん先生の子育てコラム

    おばあちゃん先生の子育てコラム

    第10回「お手伝いが生きる力の           基礎を養います」

    11月26日号

  • 20万8千筆の署名提出

    〈連載【15】〉住民投票求める市民団体 IRと横浜

    20万8千筆の署名提出

    11月19日号

青葉区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年11月26日号

お問い合わせ

外部リンク