青葉区版 掲載号:2018年3月22日号 エリアトップへ

星槎大学 被災地と中継し講座 「大切なのは“忘れない”こと」

社会

掲載号:2018年3月22日号

  • LINE
  • hatena
中継先の山元町から現状を紹介する林准教授(画面左)と横野さん
中継先の山元町から現状を紹介する林准教授(画面左)と横野さん

 7年の月日が経っても「忘れない」――。さつきが丘にある星槎大学横浜事務局で3月11日、東日本大震災で被害を受けた宮城県亘理郡山元町と中継で結び、学生などに被災地の現状を伝える講座が行われた。

 講座は、被災地の現状を知ることが少なくなってきたことを受けて行われたもの。「今後私たちができること、次の世代に伝えていかなければならないこと」を考える機会にしようと、昨年から実施している。

 発起人は震災直後から現地でボランティアを行ってきた同大の林直樹准教授。山元町は林准教授の教え子が町おこしで活動している縁もあり、中継先に選ばれた。山元町は福島県との県境に位置し、東側に太平洋を一望する平野が広がる。震災の津波で総面積の37・2%が浸水し、死者637人と甚大な被害を受けた。

 山元町から中継した林准教授は、行政が大規模農地の貸し出しを行うことになっても、農業の担い手が戻って来ない現状を説明。そのほか、林准教授の教え子で、現地でトマトなど農産物を栽培している横野壮俊(たけとし)さんは「なかなか元通りにするのは難しく、個人でできることは限られている。地道にがんばるだけ」と率直に思いを語った。

 講座の参加者は「7年経過したが、1年1年が重かったのでは」と被災地に思いをはせ、林准教授は「大切なのは外の人間が忘れずにいること。これを機会に、被災地のことを思い出してもらえれば」と話していた。

青葉区版のトップニュース最新6

100人の町史、書籍化へ

街のはなし実行委

100人の町史、書籍化へ 社会

クラファンで資金募る

6月30日号

10代堅調、20代で急落

選挙投票率

10代堅調、20代で急落 政治

市、若年層啓発に注力

6月30日号

オンライン化推進に本腰

横浜市

オンライン化推進に本腰 社会

行政手続の利便性向上へ

6月23日号

街なかに「どうぞの椅子」

谷本地区

街なかに「どうぞの椅子」 社会

坂道途中などの休憩に

6月23日号

周辺区画の緑化進む

すすき野三丁目

周辺区画の緑化進む コミュニティ文化

緑のまちづくり、2年目

6月16日号

策定へ基本的方向発表

新たな中期計画

策定へ基本的方向発表 社会

市長公約「ゼロ」明示せず

6月16日号

あっとほーむデスク

  • 6月9日0:00更新

  • 5月26日0:00更新

  • 5月12日0:00更新

青葉区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 目のお悩みQ&A

    専門医が分かりやすく解説

    目のお悩みQ&A

    『まぶたのできものが中々よくならず困っています』

    6月30日号

  • おばあちゃん先生の子育てコラム

    おばあちゃん先生の子育てコラム

    第25回「親が教育者、身近なことから“今”を教えよう」

    6月30日号

  • 学校から見た運動部の地域移行

    コラム「学校と社会をつなぎ直す」㉑

    学校から見た運動部の地域移行

    桐蔭学園理事長 溝上慎一

    6月23日号

青葉区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年7月4日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook