神奈川県全域・東京多摩地域の地域情報紙

  • search
  • LINE
  • MailBan
  • X
  • Facebook
  • RSS
青葉区版 公開:2020年1月23日 エリアトップへ

地域一体の「どんど焼き」 さつきが丘小 「伝統」で10年

教育

公開:2020年1月23日

  • X
  • LINE
  • hatena
どんど焼きを楽しむ参加者
どんど焼きを楽しむ参加者

 さつきが丘小学校(秋山順子校長)と同校ボランティアの会である「郷土史の会(下山和正会長)」が主催し、地域一体となって復活させた「どんど焼き」が1月11日、記念すべき第10回目を迎えた。

 同地域で1975年ごろを境に途絶えていた伝統行事を、「子どもたちに体験してもらいたい」と同会が10年前に復活させた「どんど焼き」。自治会や商店会など同地区の住民が一体となって協力し、下台交差点脇で毎年実施されてきた。下山会長は「年々参加者や協力してくれる人が増え、まさに『発展』の10年間」と振り返り、「団子を焼く体験はなかなかできない。今後も子どもたちが無料で参加できるよう頑張っていきたい」と語った。

 当日はさつきが丘小学校の児童を含む地域住民350人以上が参加。竹や木、正月の松飾り、しめ縄、書初めなどで組まれたやぐら(どんどや)に大きな火柱が立ちのぼると、参加者は木の枝に刺した団子を焼き、おいしそうに食べていた。

 初参加の同校5年の女子児童は「餅を焼く体験が新しい」と話し、別の女子児童は「これが伝統なんだなと感じた」と語っていた。秋山校長は「今後の教育は地域とどう関わるかが大事。地域の方には長年支えてもらっている」と感謝を述べ、児童に向け「伝統を感じ、生きる力を身に付けてほしい」と語った。

青葉区版のローカルニュース最新6

3丁目カフェが感謝祭

10周年記念

3丁目カフェが感謝祭

8月3日開催

7月22日

山内地区センで将棋大会

8月25日

山内地区センで将棋大会

森内九段のトークショーも

7月20日

横浜市内の上半期火災死者 過去10年で最多の16人

横浜市内の上半期火災死者 過去10年で最多の16人

火災警報器未設置のケースも

7月19日

手足口病 警報レベルで流行中

手足口病 警報レベルで流行中

横浜市衛生研究所が手洗いの励行を呼び掛け

7月19日

出場チームを募集

軟式野球

出場チームを募集

8月25日開幕

7月19日

福島の桃や「ままどおる」が販売される復興応援マルシェ

意見広告・議会報告政治の村

  • 青葉区の声をカタチに!

    「何を言ったかでなく、何をやったか!」 市政報告

    青葉区の声をカタチに!

    公明党 横浜市会議員 行田朝仁(ぎょうたともひと)

    7月18日

あっとほーむデスク

  • 7月4日0:00更新

  • 6月27日0:00更新

  • 4月25日0:00更新

青葉区版のあっとほーむデスク一覧へ

コラム一覧へ

  • 悠先生のちょっと気になる目のはなし

    「まぶたがぴくぴく痙攣(けいれん)する」 コラム【36】

    悠先生のちょっと気になる目のはなし

    7月11日

青葉区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2024年7月22日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook