青葉区版 掲載号:2020年5月21日号 エリアトップへ

SNSで飲食店を応援 「#たまプラエール飯」開始

経済

掲載号:2020年5月21日号

  • LINE
  • hatena

 新型コロナウイルス感染症拡大で外出自粛が続く中、たまプラーザでテイクアウトやデリバリーに取り組む飲食店をSNSを使って応援する「#たまプラエール飯」が始まった。主催者は「飲食店の応援だけでなく、各店がお得なメニューを用意しているので、日々の食事作りが大変なお母さんたちの助けにもなれば」と話している。

 「#たまプラエール飯」の参加方法は、店舗でテイクアウトやデリバリーを利用した際に、写真を撮ってインスタグラムやフェイスブックなどのSNSに「#たまプラエール飯」というハッシュタグをつけて投稿するだけ。投稿により情報が多数の人に共有、拡散されることで店の利用が増え、支援に繋げることを目指している。

 現在の参加店舗は、たまプラーザを中心に約20店。和洋中さまざまな店がテイクアウトやデリバリーの料理を用意している。

 この取組みを立ち上げたのは、たまプラーザで40年以上の歴史をもつ中国料理「黒龍」の浅尾宏明さん。外出自粛で経営が厳しい同業飲食店の声を聞き、何かできないかと思案。コロナ禍で全国の飲食店が大きな打撃を受ける中、各地で様々な形の「#エール飯」が広まっている話を聞いた浅尾さんは、さっそく同エリアでデザイン会社を経営する佐藤慎治さんや、起業家支援拠点「まちビズあおば」の坂佐井雅一さんに相談。ウェブサイトの構築や各店への声かけを進め、4月末から開始した。また、常連客の「毎日の食事づくりが大変」という声を受け、各店に応援価格のメニューを用意してもらい、「お母さんたちの助けにもなれば」としている。

 浅尾さんは「この状況下でさまざまなお店が新しくテイクアウトなどを始めている。これまで行ったことのない、たまプラーザの美味しいお店をお試し気分で楽しんでもらうきっかけになれば」と呼び掛ける。また、参加店舗以外のハッシュタグをつけての投稿も可能で、「たまプラーザだけでなく、青葉区や横浜市全体の飲食店を応援する仕組みとして横断的に広がれば」と話している。「#たまプラエール飯」の詳細は【URL】https://sites.google.com/view/tamapla-yell-meshi/で確認を。

取組みをPRする佐藤さん(右)、浅尾さん(中央)、坂佐井さん
取組みをPRする佐藤さん(右)、浅尾さん(中央)、坂佐井さん

青葉区版のトップニュース最新6

「地域医療を守りたい」

横浜総合病院

「地域医療を守りたい」 社会

コロナ禍で独自PCR検査

6月4日号

市内家庭ごみが急増

市内家庭ごみが急増 社会

外出自粛のあおり受け

6月4日号

高校生が「小顔パッチ」開発

高校生が「小顔パッチ」開発 経済

CF(クラウドファンディング)成功で販売に道筋

5月28日号

医療と経済に重点配分

補正予算

医療と経済に重点配分 政治

林市長、コロナ対策語る

5月28日号

「全妊婦にPCR検査を」

カンガルーの会

「全妊婦にPCR検査を」 社会

安心な出産求め 署名活動

5月21日号

SNSで飲食店を応援

SNSで飲食店を応援 経済

「#たまプラエール飯」開始

5月21日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 5月28日0:00更新

  • 2月6日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

青葉区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • おばあちゃん先生の子育てコラム

    おばあちゃん先生の子育てコラム

    第4回「安全な水道水に改めて感謝を」

    6月4日号

青葉区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年6月4日号

お問い合わせ

外部リンク