青葉区版 掲載号:2020年8月6日号 エリアトップへ

市教委 「学びの保障」に対策 授業・業務補助職員を増

教育

掲載号:2020年8月6日号

  • LINE
  • hatena
職員室業務アシスタントによる消毒
職員室業務アシスタントによる消毒

 横浜市立学校は緊急事態宣言解除後の6月1日から授業を再開したが、現場では密を避けるための授業体制や感染対策の業務が増加。結果、教員の負担が大きくなり、子どもの学びへの影響が心配されている。市教育委員会ではその改善を図ろうと、全校を対象にサポート役の臨時職員の増員を進めている。

 市教委によれば、再開直後は学校によってはクラスを半分に分けて午前・午後で同様の授業を実施。現在は通常に近い形で授業が行われているが、体育や音楽など密を避けなければいけない教科では場所を分けて授業をするなど、時間と労力をこれまでより多く取られているのが現状だ。

 加えて最低でも1日1回は校内の消毒を実施。教室以外に階段の手すりや流しなどの共用部まで担任が消毒作業を行う学校もある。

 こうした状況を受け、市教委は児童生徒の「学びの保障」を目的に、授業を手助けする非常勤講師と、校内業務や消毒作業などを担う職員室業務アシスタントの増員、新たにアシスタント指導員の配置を決めた。

 アシスタント指導員は学習定着度に応じたきめ細やかな指導を行う目的で配置しており、退職して教員免許が失効した人など免許の有無を問わず募集。通年で登録制度を設けている非常勤講師と合わせ、5割の学校で採用の目途が立っている。

 業務アシスタントは3割の学校で採用済み。夏休み期間後に改めて募集する学校も多いという。

現場から歓迎の声

 7月から非常勤講師と業務アシスタントを増やした緑園東小学校(泉区)では、非常勤講師が個々に支援が必要な児童へのサポートを担う。2人に増えた業務アシスタントは学校共用部やタブレット端末などの消毒も担当し、空いた時間で担任から依頼された教材を作成。これにより、担任が児童と向き合える時間が増えているという。同校の副島江理子校長は「増員のおかげで質の高い教育活動が担保できている」と話す。

 市教委人事課では「業務内容は学校に裁量を任せているので、実情に合ったサポートが期待できる」としている。

青葉区版のトップニュース最新6

オンラインで復活

青葉区民マラソン

オンラインで復活 スポーツ

来年1月に開催決定

10月21日号

国学院大から2人が指名

ドラフト会議

国学院大から2人が指名 スポーツ

桐蔭横浜大からも1人

10月21日号

市認定のNPO法人に

県転倒予防医学研究会

市認定のNPO法人に 社会

高齢者の健康維持に尽力

10月14日号

市が「防災力」認定制度

マンション

市が「防災力」認定制度 社会

来年1月に開始予定

10月14日号

陽性 半数近くが若年層

新型コロナ第5波

陽性 半数近くが若年層 社会

市、新プランで対策急ぐ

10月7日号

コロナ禍でも文化芸術を

コロナ禍でも文化芸術を 文化

鑑賞機会届けに奔走

10月7日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 6月24日0:00更新

  • 5月20日0:00更新

  • 4月29日0:00更新

青葉区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 悠先生のちょっと気になる目のはなし

    「女性に起こりやすい目の病気について」 コラム【3】

    悠先生のちょっと気になる目のはなし

    10月14日号

青葉区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年10月21日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook