青葉区版 掲載号:2020年9月17日号 エリアトップへ

市立小通学路 ブロック塀対策 足踏み 危険箇所約2,000件

社会

掲載号:2020年9月17日号

  • LINE
  • hatena
ブロック塀のイメージ
ブロック塀のイメージ

 2018年の大阪北部地震では小学校のブロック塀が倒壊し児童が死亡した。事故後、全国の自治体で学校の塀対策が加速。横浜市は19年4月時点で公共建築物敷地内の対策を済ませたが、小学校通学路には危険箇所が約2000件あり、足踏み状態が続いている。

「改善」1割未満

 市内では昨年9月の台風15号や12月の大雨でブロック塀倒壊が報告されている。北部地震発生後、市は特別支援学校を含む市立小学校343校の通学路において、高さ2・2mを超えるブロック塀や高さ1・2mを超える擁壁不足の塀など、現行の建築基準法の仕様に合致しない危険なもの2100件を確認した。

 改善の必要性が高いものについては、優先的に所有者に対して働きかけを行っているが、20年1月時点で改善されたのは123件と全体の1割にも満たず、9割以上の1977件が残されたままだ。また、市立中高の通学路などは調査していないため、危険箇所は相当数あると推測される。

 市立小中学校などの通学路は、災害発生時の地域防災拠点への避難路に指定されているケースも多く危険ブロック塀改善の必要性は高い。市建築局担当者は「民間所有のため、なかなか対策が進まない」としながらも、所有者へ継続的な注意喚起と補助制度による働きかけを行う方針だ。

市「倒壊想定して対応」

 北部地震を受け、災害などで倒壊の恐れがある個人所有のブロック塀の撤去や軽量フェンスなどの新設工事に対し、市は最大30万円を補助するブロック塀等改善事業を、18年10月から導入している。申請は18年度の199件に対し、19年度は123件と落ち込み、20年度は9月8日時点で66件。市は広報よこはまなどで事業の周知をしているが、このペースで推移すると今年度の予算件数750件には及ばない。

 改善の必要がある危険ブロック塀に対し市担当者は「さまざまな災害による倒壊を想定して対応する必要がある。ブロック塀等の改善が一日でも早く進むようにしていく」との姿勢を示した。

青葉区版のトップニュース最新6

公道上で実証実験

EV充電器

公道上で実証実験 経済

全国初 しらとり台で開始

6月17日号

養育費確保に新制度

横浜市

養育費確保に新制度 社会

ひとり親を支援へ

6月17日号

子ども支援4団体に寄付

区内ロータリークラブ

子ども支援4団体に寄付 社会

「コロナ禍を乗り越えて」

6月10日号

水道料金値上げへ

横浜市

水道料金値上げへ 社会

7月利用分から1割増

6月10日号

コロナで販路減り苦境に

横浜市内障害者施設

コロナで販路減り苦境に 経済

仲介組織が下支え

6月3日号

1都7県の頂点に

鼓粋ジュニア部

1都7県の頂点に 文化

8月、和太鼓の全国大会へ

6月3日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 5月20日0:00更新

  • 4月29日0:00更新

  • 4月22日0:00更新

青葉区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年6月17日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter