青葉区版 掲載号:2021年2月11日号 エリアトップへ

市特定健診 受診率が低迷 新型コロナで控え顕著に

社会

掲載号:2021年2月11日号

  • LINE
  • hatena

 新型コロナウイルス感染への不安などからくる受診控えを背景に、横浜市の特定健診の受診率が12月の速報値で10%と低迷していることが分かった。例年、年度末は増加傾向にあるというが、緊急事態宣言の延長もあり、減少に歯止めがかかるかは不透明だ。

 特定健診は、生活習慣病予防などを目的に実施されている。毎年度、市国保加入の40歳から74歳を対象とし、今年度は約49万人に上る。

 市によると、年度途中となる12月22日現在の速報値は、受診率10%で前年同期比マイナス1・8ポイントとなっている。

 市健康福祉局は受診率向上を目ざし、2018年度から健診を無料化。全国平均には及ばないものの、無料化初年度が前年比2・4ポイント増の24・3%、19年度は、3月の最盛期にコロナの影響があったものの、25・4%と向上していた。

 それだけに「かなり下がっている状況」と同局は分析している。1度目の緊急事態宣言下、4月9日から5月25日まで中断していたことも尾を引いている。

延長でブレーキ懸念

 9月には未受診者に対し、ハガキやSMS(ショートメール)、11月には2回目のSMSで受診勧奨を行っているが、改善に至っていないのが現状だ。

 現在の宣言下では中断せず、市ホームページなどを通じて、感染予防をしながらの受診を勧奨。例年は、締め切り間際となる年度末に最も受診数が増えるというが、宣言が延長したことを受け、「ブレーキがかかるのが心配」と市は話す。

重症化低減のためも

 特定健診は市内1179カ所の医療機関で受診可能だが、受付医療機関の1つは「通常診療も含め、受診控えは多い」と明かす。3月の受診者数も新型コロナが収束するまでは少ないと予測している。

 市内の医師は、在宅勤務によって運動不足や飲酒量が増え、糖尿病、高血圧など、データが悪化している患者が増加しているとし、「特定健診の意義は高い」と指摘する。市は「生活習慣病の予防は、新型コロナの重症化リスク低減にもつながる。適切に受けてほしい」と呼びかけている。

青葉区版のトップニュース最新6

"学校版クラファン"開始

元石川高校

"学校版クラファン"開始 教育

県のまなびや基金を活用

5月13日号

道路損傷 LINEで通報

横浜市

道路損傷 LINEで通報 社会

市民投稿で迅速対応へ

5月13日号

設置8割超も課題

住宅用火災警報器

設置8割超も課題 社会

義務化10年、現状は

5月7日号

17日から集団接種

青葉区

17日から集団接種 社会

新型コロナワクチン

5月7日号

危険なバス停20カ所

青葉区内

危険なバス停20カ所 社会

事業者中心に対策検討

4月29日号

開始注文率20%に

横浜市給食

開始注文率20%に 教育

ハマ弁から移行で倍増

4月29日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 4月29日0:00更新

  • 4月22日0:00更新

  • 4月15日0:00更新

青葉区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年5月13日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter