青葉区版 掲載号:2021年3月25日号 エリアトップへ

奈良小児童がギネス挑戦 ペットボトル蓋で巨大絵

教育

掲載号:2021年3月25日号

  • LINE
  • hatena
完成したモザイクアートと児童たち
完成したモザイクアートと児童たち

 市立奈良小学校6年3組の児童33人が3月15日、ペットボトルのキャップを並べて巨大な絵を描くギネス世界記録に挑戦した。題材に選んだのは「こどもの国」のロゴマーク。約20万個のキャップで作ったカラフルなモザイクアートは縦横13メートル以上。ギネス申請の結果は約3カ月後に判明する。

 同クラスでは児童が自発的に課題を見つけ、解決策を考える「総合的な学習の時間」に自分たちが暮らす地域のためにできることを模索。毎年の遠足や、コロナ禍で中止になった修学旅行の代わりに訪れた「こどもの国」に感謝の気持ちを伝えようと、PRにつながる企画を考え始めた。

 一方、環境問題を学ぶ授業でプラスチックごみを減らす重要性を学んだ児童たち。身近なプラスチックであるペットボトルのキャップで同園のロゴマークを作ることで、同園とプラスチックごみ削減の両方をPRできるのではと考えた。同様のアートは既にギネス記録があり、現在の記録は147平方メートル。

 児童たちは昨年6月からキャップ集めに奔走。協力してくれそうな地域のスーパーや地区センターなどに自分たちで電話し、回収用の箱を設置。6カ月間で約30万個が集まった。12月からはパソコンで作った設計図をもとに縦1・82m×横0・91mのボードを105枚用意し、赤や緑、オレンジ色などカラフルなボトルキャップを貼り付けていった。

 そして3月15日。団結を深めようと担任の宮崎広大教諭手作りの揃いの黄色のマスクを着用した児童たち。設計図を見ながらボードを並べ、縦13・83m×横13・01mで面積約180平方メートル、キャップ約20万個使った巨大な「こどもの国」のロゴが完成した。

 屋上に上がって作品を見た児童からは大きな歓声が上がり、「接着が上手くいかず投げだしそうになったが、頑張って準備してきたので嬉しかった」といった喜びの声が聞かれた。

 宮崎教諭は「(今回の経験を糧に)これから大変なことがあってもみんなで楽しんで挑戦してほしい」と話し、後日写真を見た同園の鈴木英美園長は「地域の子どもたちに大切に思ってもらっていることを嬉しく思う」と語った。

 ギネスはこれから申請し、約3カ月後に結果が出る予定だ。
 

青葉区版のトップニュース最新6

オンラインで復活

青葉区民マラソン

オンラインで復活 スポーツ

来年1月に開催決定

10月21日号

国学院大から2人が指名

ドラフト会議

国学院大から2人が指名 スポーツ

桐蔭横浜大からも1人

10月21日号

市認定のNPO法人に

県転倒予防医学研究会

市認定のNPO法人に 社会

高齢者の健康維持に尽力

10月14日号

市が「防災力」認定制度

マンション

市が「防災力」認定制度 社会

来年1月に開始予定

10月14日号

陽性 半数近くが若年層

新型コロナ第5波

陽性 半数近くが若年層 社会

市、新プランで対策急ぐ

10月7日号

コロナ禍でも文化芸術を

コロナ禍でも文化芸術を 文化

鑑賞機会届けに奔走

10月7日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 6月24日0:00更新

  • 5月20日0:00更新

  • 4月29日0:00更新

青葉区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 悠先生のちょっと気になる目のはなし

    「女性に起こりやすい目の病気について」 コラム【3】

    悠先生のちょっと気になる目のはなし

    10月14日号

青葉区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年10月21日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook