青葉区版 掲載号:2021年10月14日号 エリアトップへ

(PR)

乳がん検診の大切さ訴え四半世紀 取材協力/横浜青葉台クリニック

掲載号:2021年10月14日号

  • LINE
  • hatena
検診の大切さを語る小田切院長
検診の大切さを語る小田切院長

 「乳がんは早期発見、治療することが極めて大切な病気」と、四半世紀にわたり乳がん検診の大切さを啓発し続けてきた横浜青葉台クリニックの小田切邦雄院長。

 日本乳癌学会認定医でもある小田切院長は、県立がんセンター放射線診断科部長だった90年代初頭から厚生省(当時)のマンモグラフィによる乳がん検診の検討や学会のマニュアル作成などに尽力。また、検診の精度管理を行う「マンモグラフィ検診精度管理中央委員会」(当時)にも創立メンバーで参加。そして、地域医療での実践・普及を目指し青葉台で21年前に同院を開院した。

地域のがん検診の先駆者として

 同院では眼科と連携した全身検査のほか、マンモグラフィや超音波を活用した乳がん検診や診断に注力し、毎年10数例以上の乳がんを発見。その他のがん検診でも先駆的な役割を果たしてきた。

 高速で高精細に撮像できる「マルチスライスCT」を活用するほか、超音波等は診療放射線技師や臨床検査技師などの専門職が担当。乳がん以外にも肺や胃、大腸などの各種がん検診および人間ドックも実施している。

 大規模病院と比べて短時間での検査が可能で、予約が原則だが混雑さえなければ当日検査にも対応。「がんの早期発見に向けての検診と早めの受診をお勧めします」と小田切院長は呼び掛ける。

横浜青葉台クリニック

健康診断、がん検診にも対応

TEL:045-988-0631

http://www.y-aobadai-clinic.com/

青葉区版のピックアップ(PR)最新6

大人のための音楽教室が開講

大人のための音楽教室が開講

受講生を募集中

10月14日号

乳がん検診の大切さ訴え四半世紀

乳がん検診の大切さ訴え四半世紀

取材協力/横浜青葉台クリニック

10月14日号

便秘で注意が必要な症状とは?

医療レポート【19】 大きな病気が潜んでいる可能性も

便秘で注意が必要な症状とは?

10月14日号

安心して生活を営む住まい

東急不動産HDグループのシニア住宅「グランクレール藤が丘シニアレジデンス」

安心して生活を営む住まい

 10月21日(木) 個別見学会 現在予約受付中

10月14日号

安心、JAのお葬式

もしもの時 もしもの為に… 事前相談無料

安心、JAのお葬式

「組合員・地域の方々へ」

10月14日号

放課後クラブの職員募集

放課後クラブの職員募集

週2〜可 40〜50代男女活躍中

10月14日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 6月24日0:00更新

  • 5月20日0:00更新

  • 4月29日0:00更新

青葉区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

「前進」テーマに公演

和太鼓

「前進」テーマに公演

11月6日 都筑公会堂で

11月6日~11月6日

青葉区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 悠先生のちょっと気になる目のはなし

    「女性に起こりやすい目の病気について」 コラム【3】

    悠先生のちょっと気になる目のはなし

    10月14日号

青葉区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年10月14日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook