青葉区版 掲載号:2022年1月20日号 エリアトップへ

横浜市 保留児童解消へ本腰 対策にデータ分析班

社会

掲載号:2022年1月20日号

  • LINE
  • hatena

 横浜市は、希望する認可保育所などに入れなかった保留児童の解消に向け、関係職員を集めたデータ分析チームを発足した。市が保留児童対策に取り組むのは初めて。今年度の申請情報をサンプルとして解析し、来春以降、ニーズを踏まえた対策につなげる。

 市の昨年4月1日現在の保留児童数は2842人。対策を講じてきた待機児童数は16人で、3年連続減少している一方、保留児は2016年に3千人を超えて以降、ほぼ横ばいの状況だ。

 市は現状を受け、対策を施してこなかった保留児童解消へ向け、こども青少年局や現場の区職員計10人から成るプロジェクトチームを結成。「保留児童対策タスクフォース」と名付け、12月8日から活動を開始した。

要因見極めへ

 チームは、保留児童の発生要因をデータ化した情報から分析し、必要な対策を検討する。市は、これまで特定の園のみを希望する理由など、生活環境を踏まえた分析はしていなかったとし、「一歩踏み込み詳細のニーズを把握したい」とする。

 分析のための情報は、入所利用の際に提出される申請書から抽出。一部はデータ化しているが、最寄り駅までの時間や移動手段など、紙ベースでしか残っていない情報もあるとし、一元的にデータ化することで発生要因などを見極める。

 今年度は、保留児のうち実際には保育を必要としていない育休延長目的を除く1718人分からサンプルをしぼり、利用決定者と保留児の比較、分析に必要なデータ項目の精査などを行う。

余計な施設作らず

 一方、コロナ禍などを背景に、昨年4月時点で認可保育所などの半数以上で「定員割れ」が発生している状況もあり、人口減、少子化の流れから無駄のないサービスの提供が求められる。

 これについて市は、「既存施設と保留児童のギャップを分析し、余計な施設は作らないようにしたい」とコメント。これまで進めてきた新設園整備を鈍化させる考えを示し、状況によっては既存園の定員枠増など柔軟に対応するとしている。

青葉区版のトップニュース最新6

学生が地元店のデリバリー

市が尾駅周辺

学生が地元店のデリバリー 社会

4店舗が参加、魅力発信に

5月19日号

緑化に市から1500万

青葉台の養蜂団体

緑化に市から1500万 社会

「人もハチも居心地よく」

5月19日号

認知症リスク低減へ調査

青葉区・桐蔭学園

認知症リスク低減へ調査 社会

区民限定 40歳から対象

5月12日号

活動報告をデジタル化

横浜市消防団

活動報告をデジタル化 社会

負担減へ一部先行導入

5月12日号

3年ぶり通常開催へ

青葉区民マラソン

3年ぶり通常開催へ スポーツ

第9回大会 11月27日予定

5月5日号

市が受入・定着を後押し

外国の介護人材

市が受入・定着を後押し 社会

事業所にセミナーと研修

5月5日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 5月12日0:00更新

  • 3月31日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

青葉区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 悠先生のちょっと気になる目のはなし

    「保険診療で行える、  多焦点眼内レンズを用いた白内障手術」 コラム【10】

    悠先生のちょっと気になる目のはなし

    5月12日号

青葉区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年5月19日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook