青葉区版 掲載号:2022年5月5日号 エリアトップへ

青葉区民マラソン 3年ぶり通常開催へ 第9回大会 11月27日予定

スポーツ

掲載号:2022年5月5日号

  • LINE
  • hatena
19年に行われた第6回大会
19年に行われた第6回大会

 「青葉区民マラソン大会」が3年ぶりの通常開催として11月27日に行われる見込みだ。新型コロナウイルスの影響で2020年度は中止、21年度はオンライン開催だったが、主催者は感染対策を講じて実施する意向を示しており、ランナー募集は7月末を予定する。

感染対策を第一に

 14年の区制20周年を記念して始まり、青葉ふるさと協議会と青葉区民マラソン運営委員会が主催する同大会。19年の第6回大会には828人が参加するなど、定着したスポーツイベントとなっている。主催2団体は開催に向け、新型コロナの感染状況を注視しながら検討を進めてきた。今年3月に行われた東京マラソンなど成功事例も参考に、感染対策に最大限配慮した上での開催を決めたという。

 同委員会の菊池侃二委員長は「まだ調整をしている段階で、3年ぶりの開催に向け、慎重に進めていきたい」と話している。事務局となる青葉区役所の担当者は「ランナーから『今年こそはリアル開催を』という声をたくさん聞いてきた。公道をランナーたちが一緒に走る醍醐味は通常大会ならでは」と話す。

 現時点では参加人数などは第6回大会に比べて縮小せず、種目は従来同様10Kmを予定。コースは首都高速横浜北西線の工事が終わったことで走りやすくなるという。対象は区内在住・在勤・在学で、車道を閉鎖するため10Kmを70分以内で走れる人。参加料は検討中。

 一方、感染対策としては完走者に渡していた記録証などはウェブからのダウンロードもしくは郵送などで対応し、人の密集を回避するなど工夫も行う予定。感染対策面でのボランティア募集も検討中。新型コロナの感染拡大状況によって開催内容に変更の可能性あり。募集要項など詳細は7月に公開する予定。

「初心者も挑戦を」

 青葉区役所を発着点に、田園風景を楽しみながら環状4号入口交差点で折り返すコースで、アップダウンが少なく比較的フラットで初心者も参加しやすい同大会。区担当者は「コロナ禍による運動不足の解消の機会としても挑戦を検討してもらえたら」と話す。

青葉区版のトップニュース最新6

100人の町史、書籍化へ

街のはなし実行委

100人の町史、書籍化へ 社会

クラファンで資金募る

6月30日号

10代堅調、20代で急落

選挙投票率

10代堅調、20代で急落 政治

市、若年層啓発に注力

6月30日号

オンライン化推進に本腰

横浜市

オンライン化推進に本腰 社会

行政手続の利便性向上へ

6月23日号

街なかに「どうぞの椅子」

谷本地区

街なかに「どうぞの椅子」 社会

坂道途中などの休憩に

6月23日号

周辺区画の緑化進む

すすき野三丁目

周辺区画の緑化進む 文化

緑のまちづくり、2年目

6月16日号

策定へ基本的方向発表

新たな中期計画

策定へ基本的方向発表 社会

市長公約「ゼロ」明示せず

6月16日号

あっとほーむデスク

  • 6月9日0:00更新

  • 5月26日0:00更新

  • 5月12日0:00更新

青葉区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 目のお悩みQ&A

    専門医が分かりやすく解説

    目のお悩みQ&A

    『まぶたのできものが中々よくならず困っています』

    6月30日号

  • おばあちゃん先生の子育てコラム

    おばあちゃん先生の子育てコラム

    第25回「親が教育者、身近なことから“今”を教えよう」

    6月30日号

  • 学校から見た運動部の地域移行

    コラム「学校と社会をつなぎ直す」㉑

    学校から見た運動部の地域移行

    桐蔭学園理事長 溝上慎一

    6月23日号

青葉区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年6月30日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook