(PR)

「スギ花粉症」準備は今から舌下免疫療法をスタート

掲載号:2017年6月1日号

  • LINE
  • はてぶ
菊池 敏樹 院長
菊池 敏樹 院長

 日本人の4人に1人がかかっており、もはや国民病ともいえる「スギ花粉症」。この春、くしゃみや鼻づまりなどのつらい症状に悩まされた人も多いのでは。「飛散のピークが過ぎ、症状が落ちついた今が、根治治療のチャンスです」と話すのは、きくち内科=市ケ尾町=の菊池敏樹院長。同院では、主に鼻炎に有効とされる「舌下免疫療法」の治療を新たにスタートする。

 舌下免疫療法とは、アレルギーの原因である「アレルゲン」を少しずつ投与して体を慣らし、アレルギー症状を和らげる治療法。長期的な症状の緩和だけでなく、根本的な体質改善にもつながると期待されている。

 診察ではまず治療についての説明を行い、アレルギー検査によるスギ花粉症の確定診断を実施。その後、スギ花粉を原料としたエキスを1日1回、少量から服用する。「最初の2週間で徐々に増量し、それ以降は決まった量を服用します。治療には3年〜5年かかりますが、継続が大事です」。口内炎や口の中の腫れなどの副作用が出やすいため、慎重に治療を進めるという。

「喘息の人も相談を」

 スギ花粉症の患者は、気管支喘息を合併しているケースも多い。アレルギー専門医であり、呼吸器内科医でもある菊池院長は、これらを同時に管理することが可能だ。「内科的な観点から診察していくので、両方の症状に悩んでいる人も相談を」。同院では花粉症だけでなく内科一般はもちろん、特定健診や睡眠時無呼吸症候群の治療にも対応。「不調や困りごとを気軽に相談できる『かかりつけ医』として、地域のニーズに応えていきたい」

きくち内科

神奈川県横浜市青葉区市ヶ尾町1167-1

TEL:045-532-5941

http://www.kikuchi-naika.com/

  • LINE
  • はてぶ

青葉区版のピックアップ(PR)最新3件

謹賀新年 本年もよろしくお願い申し上げます

日本体育大学

1月2日、3日の箱根駅伝に出場します。

https://www.nittai.ac.jp/

メディカルモールたまプラーザ

医院・薬局で地域の健康を総合的に支えます

http://mm-tamapla.com/

恒例・祥泉院の初詣

ご本尊の観音様に参拝し、1年の健康と安全をお祈りください。

http://syousenin.com/

伊藤忠紙パルプ株式会社

新しい価値を創造する 新しい形態の紙流通会社

https://www.itcpp.co.jp/

青葉応援団運営委員会

誰かを応援するってなんだかとっても気持ちがいい!!

https://aobaouen.wixsite.com/home

青葉台で創業31周年の横濱鳥鮮

美味しさは新鮮な食材と確かな技術の証!産地直送ヒナ鳥の鶏料理が大好評!

https://www.facebook.com/yukari.ogawa.5076

青葉区小中高生ミュージカル

2月9、10日に青葉公会堂で「いのちの奏」上演。小中高生の熱い舞台にご期待を

https://twitter.com/aobamusical1

たまプラーザ駅前通り商店会

ようこそ!美しい街たまプラーザへ!

https://www.tamapla-ekimae.shop/

地域に愛される郵便局を目指して

離れて暮らす高齢の家族の「みまもりサービス」、好評受付中!全国どこでも対応可

https://www.post.japanpost.jp/life/mimamori/

一般社団法人 相模原市医師会

休日・夜間の急病時は相模原救急医療情報センター(042-756-9000)へ

https://www.sagamihara.kanagawa.med.or.jp/

JA横浜

あなたの街に あなたのそばに

http://ja-yokohama.or.jp/

たまプラーザ駅5分3丁目カフェ

60名収容、プロも認める音響設備!アットホームなパーティーが評判!

http://3choome-cafe.com/

オーダー家具のウッディハート

使い込むほど味わい深い、温もり溢れる木の家具。オーダーカーテンも始めました!

http://www.w-heart.co.jp/

起業支援施設まちなかビズあおば

住所貸し・フリーデスク・勉強会など、地域とつながるビジネスの拠点に!

http://oichi.org/machinaka-biz-aoba

<PR>