緑区版 掲載号:2011年9月15日号
  • googleplus
  • LINE

第5回「横浜・人・まち・デザイン賞」を受賞した 吉武 美保子さん 旭区在住 47歳

「自然は先生」

 ○…里山、自然などの保全活動を行うNPO団体を立ち上げたのは今から約10年前。活動を通じて鴨居原市民の森再生を地域住民と一緒になって取り組んだ。「愛護会の人たちの活動を見守るだけだったのに、こんな賞を頂いて」と謙遜するが「一緒に活動した人が推薦してくれたことがとにかく嬉しかった」と受賞を喜んだ。

 ○…生まれ育った北九州から横浜に越してきたのは小学3年生の時。そこで見た景色は、田んぼや自然が広がる北九州の田舎と何ら変わらないものだった。当時住んでいたのは緑区(現青葉区)榎が丘。「周りは自然に恵まれ、野生のニワトリを追っかけ回したり、ひばりの巣なんかもよく発見していました」。そんな自然を愛する少女が間近で見てきたのが、港北ニュータウンや田園都市沿線の開発。「生活が便利になっていく反面、自然が壊されていく様子を見てきて悲しかった」。そんな思いが現在の人と自然をつなぐ活動の礎となっている。

 ○…10年前に関節リウマチを発症。今では歩くのに杖が手放せない。発症前は森や里山の奥まで足を運び、研究や観察を行っていた。「今は身体を動かすことができないので、人に託すことしかできないんです」。現在、自身は自然保全活動を計画する”コーディネーター”の役割を担う。「計画を実行するためには人が動くが私は動けない。だからこそ周りの人の優しさを感じずにはいられないんです」。人への感謝の心も自然が教えてくれる。

 ○…「地域の緑は地域の手で守る」が理念。「森には様々な生き物がいて、すべて命がある。そこから人々はエネルギーをもらい、癒しを感じる。特に近くにいる人がそれを感じることができる」。だからこそ、周辺住民が守っていかないといけないと考える。自身は自然から多くを学び”自然は先生”と例える。そんな人と人を繋ぐ自然への思いはこれからも変わらない。
 

3/23家族葬の個別相談会

知っておきたい最近の葬儀についてご説明いたします

http://www.sougi-itabashi.co.jp/

<PR>

緑区版の人物風土記最新6件

都築 利正さん

地域デビューを応援する「人生楽笑・次代塾」の企画運営を行う

都築 利正さん

3月15日号

ふじい みのりさん

音楽教育やライブを行い、音楽で地域を盛り上げる活動に取り組む

ふじい みのりさん

3月8日号

中島 進市さん

観察会を定期開催し、自然の魅力を次世代に伝える

中島 進市さん

3月1日号

作田 豊彦さん

鴨居第四地区自治会長を務める

作田 豊彦さん

2月22日号

小宮山 政行さん

鴨居第三地区自治会長を務める

小宮山 政行さん

2月15日号

吉田 昌司さん

今月40周年を迎えるボーイスカウト横浜第95団の団委員長を務める

吉田 昌司さん

2月8日号

緑区版の関連リンク

あっとほーむデスク

緑区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

小原孝ピアノコンサート

小原孝ピアノコンサート

5月20日 タウンニュースホール

5月20日~5月20日

緑区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年3月15日号

お問い合わせ

外部リンク