緑区版 掲載号:2013年3月7日号
  • googleplus
  • LINE

3月9日の『みどりーむまつり』で講演を行なう 大尾(だいお)美登里さん 市内在住 58歳

”強い街”目指すムードメーカー

 ○…「被災地で見聞きしたことを伝えたい」。9日、みどりーむで「災害弱者を支え合える活動は何か?」をテーマに講演を行なう。以前、他の地域で開いた講演会を「みどりーむまつり」に協力する団体メンバーが聴き、その内容、人を引き込む人柄が評価され、依頼された。「皆さんと一緒になってテーマについて考えていく会にしたいですね」

 ○…みんなが災害弱者である――ことを一番に伝えたいと考える。「災害時は、元気な”今の自分”でいられないと想定して、自分の生活に合った防災グッズなどの準備をすることが必要。何より、周囲の人たちとの普段からのネットワークづくりが大切です」と話す。「いざ」というとき、それぞれの力を出し合い、助け合うことが窮地を凌ぐ重要な手段と考えるからだ。「隣の人を助け合う精神をもってもらいたいですね」

 ○…現在、保土ケ谷区の中途障害者地域活動センターの所長を務める。脳卒中などで後遺症が残る人々を支える場として精力的に福祉活動に取り組む毎日だ。福祉に関わるようになったのは、民生委員だった祖母の手伝いを幼いころからしてきたことがきっかけ。施設で重視するのが『誰もが介護されるばかりでなく、支援者にもなれること』だ。「うちの施設利用者が3・11の時、帰宅困難者に対して、元調理師の腕前を発揮して料理を振舞ったことは忘れられません」。理想を目にした感激を自身の力に変えていく。

 ○…講演会や防災訓練などでみせる、そのバイタリティが持ち味だ。笑顔を絶やさず、周囲を盛り上げるムードメーカーの役割をこなす。元々は消防隊員。トイレも更衣室も男性用しかなかった時代に、数少ない女性消防隊員として学んだことが防災での活動に生かされている。「災害に強い横浜の立体模型を、障害者や被災者など、みんなで夢を語りながら作りたい。それが減災につながることを祈って」
 

暑中お見舞い申し上げます

公益社団法人 緑法人会

企業の繁栄と社会貢献を胸に、良き経営者を目指す団体です。

https://midorihoujinkai.or.jp/

横浜市町内会連合会

住みやすい地域づくりのためにも自治会町内会へ加入しましょう

http://www.yokohama-shirenkai.org/

<PR>

緑区版の人物風土記最新6件

浅井 悦男さん

横浜みどりライオンズクラブの会長に就任した

浅井 悦男さん

7月26日号

大矢 菜季(なぎ)さん

みどりアートパークで行われるアフタヌーンコンサートに出演する

大矢 菜季(なぎ)さん

7月19日号

井上 幸治さん

横浜緑ロータリークラブの会長に就任した

井上 幸治さん

7月5日号

葉 京香さん

第52回手工芸作品展(工芸の部)で内閣総理大臣賞を受賞した

葉 京香さん

6月28日号

佐藤 チヨ子さん

夕どきサロン鴨居など数々の地域行事で料理を振る舞う

佐藤 チヨ子さん

6月21日号

杉崎 勇さん

「第20回リリーピッキン・パーティ」の実行委員長を務める

杉崎 勇さん

6月14日号

緑区版の関連リンク

あっとほーむデスク

緑区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

「スケートで楽しい時間を」

横浜みどりLC

「スケートで楽しい時間を」

現在参加者を受付中

8月4日~8月4日

緑区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年7月26日号

お問い合わせ

外部リンク