緑区版 掲載号:2016年6月2日号 エリアトップへ

リオ五輪水泳男子200m個人メドレーで日本代表が内定した 藤森 太将さん 田奈中学校出身 24歳

掲載号:2016年6月2日号

  • LINE
  • hatena

”目標”まで泳ぎ切る

 ○…「夢みたいだったが、段々実感がわいてきた」。4月に行われた五輪代表選考会を兼ねた日本選手権で、出場に必要な標準記録を破り初の代表入りを決めた。現在は1秒でもタイムを短くするために、日々のトレーニングだけでなく、普段の生活にまで細心に向き合う。「毎日22時には寝ていますし、食生活にも注意しています。僕は才能があると思わないので、それくらいは当然です」

 ○…水泳を始めたのは、五輪代表の強化指定コーチを務める父の影響。もともとプールで遊ぶのは好きだったので、そのまま自然と水泳が生活の軸になった。本格的に選手の道を志したのは中学3年生の時。「勉強があまり得意ではなかったし、高校からは好きな水泳に没頭したかった」と当時を振り返る。父の指導に従う毎日の練習は「つらい」の連続だが、結果が出せた時の喜びはそれを吹き飛ばす。「親父がいなければ、水泳選手の自分はいなかった。メダルを取って、親父と酒を飲むのも目標の一つ」

 ○…その父の転勤に併せて、中学生の時、緑区に引っ越してきた。初めての横浜暮らしは不安もあったが、田奈中では友達に恵まれ、代表が決まった時も祝福の連絡が多数届いたという。当時担任だった高坂聡子教諭には今も頭があがらない。「水泳部の無い田奈中学校に在籍する僕が、大会に出られるよう尽力してくれたおかげで色々な試合経験を積むことができた」と目を細める。

 ○…母親がふとこぼした「お父さんと一緒に五輪に出られたらいいね」という目標を叶えるために努力してきた。新たな目標は当然メダル。「メダルを意識しないで出る選手は決勝にも残れない。目標や目的をしっかり持つのが大切」と心情を吐露。国内の選手もライバルだと話す。「選手団には若い選手も多い。手本になれるよう頑張る。今回だけでなく、東京五輪での活躍まで見据えていきたい」と目標を語った。

緑区版の人物風土記最新6

渡邉 佳奈子さん

オーケストラ「piccolo(ぴっころ)」を区内で立ち上げる

渡邉 佳奈子さん

三保町在住 34歳

3月26日号

鶴田 和久さん

首都高速道路株式会社で神奈川建設局局長を務める

鶴田 和久さん

市内在勤 58歳

3月21日号

松山 光伸さん

日本奇術協会賞を受賞した

松山 光伸さん

長津田町在住 72歳

3月12日号

松井 祐貴さん

ソロギタリストとして活躍する

松井 祐貴さん

緑区在住 33歳

3月5日号

伊藤 かね子さん

おもちゃコンサルタントとして活躍する

伊藤 かね子さん

長津田在住 78歳

2月27日号

直井 美智子さん

横浜市体育協会横浜スポーツ表彰スポーツ功労賞を受賞した

直井 美智子さん

東本郷在住 68歳

2月20日号

十日市場の歯医者 みどり歯科

安心の保険診療中心。車椅子のまま乗降可能な専用車で無料送迎できます。

https://midoridc.net/

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 3月26日0:00更新

  • 3月12日0:00更新

  • 3月5日0:00更新

緑区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

緑区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年4月9日号

お問い合わせ

外部リンク