緑区版 掲載号:2017年10月26日号 エリアトップへ

緑土木事務所で展示を行う絵手紙サークル「絵ぽっく」の代表を務める 田中 照美さん 三保町在住

掲載号:2017年10月26日号

  • LINE
  • hatena

「伝えれば、返ってくる」

 ○…緑土木事務所での作品展示は10年ぶりとなる。夏の終わりに展示した作品を秋仕様のものに入れ替えたばかり。「季節感を大切にしたい」と労を惜しまない。サークルを立ち上げ、12年が過ぎた。20人前後の会員とともに作品づくりに没頭する時間が何よりの楽しみ。もう少し寒くなったら、毎年したためている干支の絵手紙年賀状作品を展示しようと張り切っている。

 ○…鶴見区生まれ。「横浜を出たことがない」という生粋の浜っ子だ。30代の頃、夫を病気で亡くして以来、女手ひとつで子ども2人を育て上げた。企業人として定年まで勤め上げ、第二の人生を模索していた頃に生涯学習講座で絵手紙と出会った。病気の姪っ子にお見舞いのつもりで描き続けるうち、身近なものをじっと見つめ、一心に描き上げる面白さ、色とりどりで心まで華やかに明るくする絵手紙の魅力に惹かれ、数年後には仲間と教室を開いた。「一生打ち込めるものに出会えたことは、人生の中で本当に幸せなことだった」と穏やかに語る。

 ○…教室を立ち上げて間もなく、難病にかかり、入院、手術、車いす生活、リハビリとつらい日々を送った時、自分を支えてくれたのは仲間から送られてくる絵手紙の数々だった。「姪っ子を支えるつもりで描いていた絵手紙に、今度は自分が支えられていた」

 ○…根っからの明るい性格で、誰とでもすぐ仲良くなる。しかし、会社勤めが長かったせいで、定年後、地域に友人もなくさびしかった時期があるという。「とにかく一歩踏み出すことが大切だった。その後の人生ががらりと変わったもの」と人生を振り返る。「絵手紙もね、思いをこめて描き、相手に送って心が伝われば、かならず返ってくる。このことに自然と感謝の心がわいてくる」と笑顔になる。”感謝””努力””一生懸命”―。自身の作品にもたびたび登場する言葉たちが、前を向く背中をそっと後押ししてくれる。

緑区版の人物風土記最新6

斎藤 淑子さん

旧緑区(現・青葉区)で起きた米軍機墜落事故を語り継ぐ活動を行う

斎藤 淑子さん

長津田在住 82歳

9月23日号

韓 昌熹(はん ちゃんひ)さん

みどり国際交流ラウンジで地域コーディネーターを務める

韓 昌熹(はん ちゃんひ)さん

相模原市在住 35歳

9月16日号

森 卓爾さん

世界遺産の魅力を伝える講座を開催している

森 卓爾さん

霧が丘在住 74歳

9月9日号

吉田 直人さん

横浜市歯科医師会の会長に新たに就任した

吉田 直人さん

南区在勤 62歳

9月2日号

麻生 紘二さん

東京五輪で技術委員として、野球の運営全般に深く携わった

麻生 紘二さん

霧が丘在住 78歳

8月26日号

青木 勇人(たけと)さん

21-22シーズンから横浜ビー・コルセアーズのヘッドコーチとして指揮を執る

青木 勇人(たけと)さん

47歳

8月19日号

あっとほーむデスク

  • 3月18日0:00更新

  • 2月25日0:00更新

  • 2月4日0:00更新

緑区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年9月23日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook