緑区版 掲載号:2018年2月22日号 エリアトップへ

鴨居第四地区自治会長を務める 作田 豊彦さん 鴨居在住 73歳

掲載号:2018年2月22日号

  • LINE
  • hatena

理想の自治会設計図、胸に

 ○…花見大会や盆踊り大会など、地域行事を円滑に行うための準備に余念がない。一人ひとりに役割を持ってもらうことで、若い世代も身近に参加できる自治会が理想だという。役割を明確化した分担表も自ら作り上げた。防犯のため、犬を飼っている人が散歩をする時、帽子や襷、腕章を付けてもらう「わんわんパトロール」も推進。楽しく、安全で住みやすい街を目指し、鴨居を駆け回る。

 ○…東京都出身。父の転勤の都合で、札幌や横浜など、さまざまな土地で子ども時代を過ごした。ボーイスカウト活動に励み、キャンプや山登りなどにもよく出かけていたという。「子どもの頃、自然が大好きだったから、大学で土木工学科へ進んだのかな。でも、深い理由はなかったかも」と笑った。進学後、コンクリートや橋の構造などを幅広く学んだ。

 ○…卒業後は設計の仕事に就く。まだまだ道路や橋などのインフラが整備されていなかった時代。「道が出来ることで多くの人に喜ばれた。日本がどんどん発展していくことを肌で感じた」と振り返る。新しい知識を吸収し、必死に技術を磨く日々は、刺激的で飽きることはなかったという。気が付けば、設計一筋、50年の月日が流れていた。

 ○…高齢となった母と一緒に暮らすために鴨居へ移り住んだのは、約30年前。地域と関わるきっかけになったのは、子どものボーイスカウトへの加入だった。子どもと一緒になって、清掃活動や祭りに参加するなど、自然と地域との関わりが増えていった。そのような姿が評価を集め、自治会に誘われると、運営に携わるようになっていった。朝は、母の食事を作り、自治会の資料作成や会議参加など、今も多忙な日々を送る。自治会活動のために自転車で4丁目を駆け回っているという。「良い運動になるよ」と優しく笑う。「一人ひとりが役割を持てるよう、地域のことを設計していけたらうれしい」

緑区版の人物風土記最新6

釈 由美子さん

新たな交通系アプリ「マイルート」などを通じ、横浜の魅力を発信している

釈 由美子さん

横浜市在住 42歳

1月21日号

土屋 トカチさん

ドキュメンタリー映画「アリ地獄天国」を撮った映画監督

土屋 トカチさん

北八朔町在住 49歳

1月14日号

尾形 裕昭さん

21世紀枠県候補校に選出された白山高校野球部の監督を務める

尾形 裕昭さん

緑区在住 30歳

1月7日号

畑中 一希さん

横浜市「成人の日」記念行事実行委員会の委員長を務める

畑中 一希さん

金沢区在住 20歳

1月1日号

林 由未さん

クイーンズスクエア横浜の巨大ツリーの人形を手掛けた

林 由未さん

東本郷出身 41歳

12月17日号

ARIGATOYUINA(アリガトユイナ)さん

みどりオンライン祭2020でMCを務めるシンガーソングライター兼役者

ARIGATOYUINA(アリガトユイナ)さん

台村町在住 28歳

12月3日号

十日市場の歯医者 みどり歯科

安心の保険診療中心。車椅子のまま乗降可能な専用車で無料送迎できます。

https://midoridc.net/

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 12月17日0:00更新

  • 11月12日0:00更新

  • 9月10日0:00更新

緑区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年1月21日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク