緑区版 掲載号:2018年4月19日号 エリアトップへ

緑消防署の新署長に就任した 中村 榮宏さん 府中市在住 57歳

掲載号:2018年4月19日号

  • LINE
  • hatena

「同じ現場は二度とない」

 ○…現場の最前線で消火の指揮を執ったことも数えきれず、経験豊富だ。「全く同じ事態が発生することはないのが現場。その場その場で最善の判断が求められる。だからこそ、指示待ちではなく、自ら考えられる人材の育成を大切にしたい」と署員教育への思いを語った。「いつ起きるか分からない災害に対し、全署員が一丸となり取り組める体制を作る」と意欲を見せた。

 ○…子ども時代を振り返れば、消防車が大好きだったという。「サイレンが聞こえると、消防車を見るために走った記憶が何度も」と笑う。負けないくらい好きだったのは、天体観測。望遠鏡を覗き込み、星を見る日々。天文ガイドだけでは物足りず、専門書に目を通すことも。「数学も大好きで、天体の軌道や出現頻度などを計算したり」と当時を懐かしむ。

 ○…「堅実な道を歩んでほしい」という父の影響もあり、公務員を志望していた。学生時代、そんな父が倒れた際、救急隊の「人のために全力で取り組む姿」が記憶に深くあり、消防の道を選んだ。長いキャリアの中で緑区での勤務は三度目。最初の赴任は、約15年前。住宅密集地での火災の消火指揮を執ったことが印象深いという。「部隊が入りにくい現場だった。全体の動きを把握しながら、チームで乗り切ったことで判断力も養われた」と話した。二度目の赴任時は、副署長を務めた。「現在の場所に消防署を建て替えた頃。引っ越し作業もした」と当時を懐かしむ。

 ○…娘が出産間近だという。「初孫でドキドキだよ」と顔がほころぶ。災害時などは家を空けることも多かった。息子は「僕が家族を守る」とよく言っていたという。「父の背中を見ていてくれたのかな」と嬉しそうに笑った。

緑区版の人物風土記最新6

清水 裕之さん

横浜緑ロータリークラブの会長に就任した

清水 裕之さん

港北区在住 58歳

7月22日号

二宮 駒音(こと)さん

宮城県を聖火ランナーとして走った

二宮 駒音(こと)さん

東洋英和女学院大学4年 

7月8日号

柴田 宏明さん

一般社団法人横浜市緑区医師会の第11代会長に就任した

柴田 宏明さん

青砥町在住 65歳

7月1日号

佐々木 京子さん

長津田の戦争体験者の声を集める

佐々木 京子さん

長津田在住 60歳

6月24日号

越水 将一さん

竹山団地に住み、神奈川大学サッカー部のコーチを務める

越水 将一さん

竹山在住 31歳

6月17日号

樋口 誠さん

身の回りの危険を予測し、安全に暮らす方法を伝える講座を行う

樋口 誠さん

寺山町在住 66歳

6月10日号

十日市場の歯医者 みどり歯科

安心の保険診療中心。車椅子のまま乗降可能な専用車で無料送迎できます。

https://midoridc.net/

よこはまあおとクリニック

「住み慣れた我が家でいつまでも自分らしく過ごしたい」という思いを大切に。

https://aoto-zaitaku.com/

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 3月18日0:00更新

  • 2月25日0:00更新

  • 2月4日0:00更新

緑区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年7月22日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter