緑区版 掲載号:2018年5月24日号
  • LINE
  • hatena

鴨居原市民の森愛護会の3代目会長に就任した 菅原 喜勇勝さん 鴨居在住 74歳

森の中で役割を見つける

 ○…森が地域住民の憩いの場となることを目指し、清掃・保全活動やイベントなどを行う鴨居原市民の森愛護会の旗振り役を担う。定年後、「社会貢献がしたい」と同会へ。それ以来、10年以上にわたり、森を見守ってきた。「次世代にも豊かな森を残していけるよう、多くの人に森を知ってもらえたら」と抱負を語る。

 ○…新潟県生まれ。自然豊かな村で子ども時代を過ごした。友人達と夢中になったのは、木の上に小屋を作ることだった。

「田舎だから遊戯などもなかった。だから、遊び感覚で作った」。木を運ぶ、切るなど、自分ができる範囲で様々な役割を見つけながら、完成を目指す日々。汗を流して作った友達との思い出は今も鮮明に残っているという。「小屋作りの過程で、自分には何ができるかを考え抜き動いた。組織で役割を見つけ出すことの大切さを自然の遊びで学んだ」と振り返った。

 ○…林業高校を卒業後、パルプ会社へ就職し、茨城県へ。国鉄戦後五大事故の1つである三河島事故が発生したことが転機となる。新聞で事故を知ると、「鉄道の安全を守りたい」と思いたち、鉄道会社の試験を受けたという。「当時は、東京五輪に向けて人が必要だった時代。そんな偶然もあり、採用された」と笑う。その後、鉄道マンとして定年まで勤めあげた。

 ○…今後も、七夕まつりやソーメン流しなど、今まで行ってきた愛護会活動をしっかりと継承していきたいという。「子ども達に森が『ふるさと』と思ってもらいたい。また、自分の役割も見つけてほしい」と願う。また、会員にはシニアも多いため、作業などの安全対策には人一倍気を使っているという。「森で怪我をしないよう、注意を促すのも自分の役割」と鉄道マン時代を思わせる、きりりとした表情をみせた。

<PR>

緑区版の人物風土記最新6件

新井 航世(はんせ)さん

横浜市「成人の日」記念行事実行委員会の委員長を務める

新井 航世(はんせ)さん

1月10日号

三原 一晃さん

横浜DeNAベイスターズの球団代表でチーム編成の最高責任者として舵を取る

三原 一晃さん

1月1日号

さくらさん(本名:鈴木 葵さん)

「SOMPO パラリンアートカップ2018」で損保ジャパン日本興亜賞を受賞した

さくらさん(本名:鈴木 葵さん)

12月20日号

町田 史郎さん

竹山池周辺活性化推進委員会の委員長を務める

町田 史郎さん

12月13日号

池田 絢子(あやこ)さん

育児サークル「マザプラス」代表を務める

池田 絢子(あやこ)さん

12月6日号

加藤 昌子さん

歌俳集「わたしの歩いた道」を出版した

加藤 昌子さん

11月22日号

緑区版の関連リンク

あっとほーむデスク

  • 1月1日0:00更新

  • 8月16日0:00更新

  • 7月5日0:00更新

緑区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

3B体操で健康づくり

3B体操で健康づくり

長津田地区センター

1月22日~2月26日

緑区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年1月10日号

お問い合わせ

外部リンク